ブログトップ | ログイン

このき なんのき かさいみき

朝型生活と認定・・・できないな、これでは。

野球の仕事が終わって半月。
最近の平均起床時間はAM6時半。
どんなことがあっても起きなかった私が、自らちゃんと起きています。

すごい。本当にすごいことだ。

しかし、それはほんの一瞬。

起きた!という達成感を手土産に?、リビングのソファーで2度寝してしまうのです。

結局、次に起きると10時になっていたりして、
何の意味も成していないことに愕然とします。

ソファーよ、私を呼び寄せないでくれ・・・(涙)。

そもそも、局アナ時代は、朝の生放送を担当していたこともあり、
家に目覚まし時計を、小さいものから大きなものまで(腕時計・CDコンポなども)
6つも7つもかけていましたが(たいてい3つ目くらいで起きる)、
最近は、1つ、強力なもののお世話になっています。

e0039787_19222544.jpg


とにかく、時計屋で「一番うるさいのをください」といってでてきたもので、
実際、鳴らしてみたら周りの営業妨害になりそうなくらいすごかったのでこれにしました。

前面のシール、はがしていないのでズームアップしてみると・・・

e0039787_19224037.jpg


はい、超激音(笑)。

本当に、なんというか、非常ベルのようなけたたましい音がするので、
ある意味、心臓によろしくない。
でも、これくらいじゃないと、起きない。







いや、私は・・・











これでも・・・起きない。



さすがにずっと鳴りっぱなしということはありません。
枕元に置いておいたら、あまりのうるささで自らの反応は早くなるため、
あっという間に音を消して目覚めるのですが、
無音になった平和な空気が嬉しくて、すぐまた寝てしまうのです。

そこで最近は、この時計を、寝室の外=廊下に出して寝ています。

さすがに超激音ともなると家中に響いてくれるため
(っていうか近所迷惑になるのが怖いため)
あわててベッドから抜け出して止めに行くのです。
起き上がってしまえば、もう大丈夫!という考え方はとりあえず成功。

しかし、その廊下の先がリビングであって、そこにソファーがあるので、
冒頭にも書きましたが、その「超激音」を止めた勢いでふらふらと歩いた私は、
吸い込まれるようにソファーに腰掛けてしまい、最後には力尽きて横になってしまうのです。

寝てる場所が違うだけで、意味がない!!!むしろ性質が悪い。

というわけで、まだまだ快適なモーニングタイムには程遠いという現状でした。
(結局、何かがあればちゃんと起きるわけで、意識の問題なのです・・・)
by mikikasai819 | 2007-07-26 19:23 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)