照明重点主義♪シャングリラⅢ鑑賞記

ユーミンこと松任谷由実のシャングリラⅢを横浜アリーナまで見にいってきました。
e0039787_23152954.jpg

e0039787_23143344.jpg


ただのコンサートではありません。総制作費40億円!
モスクワ国立サーカスあり、シンクロナイズドスイミングあり、これはもう完全な「ショー」です。

招待してくれたのは、シャングリラの照明を担当しているTくんです!!
(以前、どじょうを一緒に食べた友達でして、その様子はこちら

本題に入る前に、私がこのコンサートに行く経緯をちょっとだけ説明すると・・・。

Tくんと知り合ったのは今から4年前。
まさに、私がFM群馬をやめて家に引きこもって、PCとばかり向き合っていた頃です。
永井真理子ファンという共通項がきっかけで、メールをするようになりました。
彼は、いつの日か真理子さんのコンサートで照明をしたいという夢を持ち、
実際にその仕事につきました。
私も、いつの日か真理子さんをゲストに呼んで番組がしたいという夢を持ち、
実際にアナウンサー(パーソナリティー)になりました。
何か通じるものがあったのでしょう。
メールのやりとりだけでも充分親しくなることが出来まして、
今では本当に大切な友人です。結婚式にも来てもらったほど。
そんなTくんとよく言っていたのが、「いつか一緒に仕事がしたいね」と。
または「お互い仕事をしているところをいつか見てみたい」と。
ただ、なかなか厳しい理由がありまして・・・Tくんは関西が拠点なのです。

しかし、今回のシャングリラⅢツアーで、Tくんは照明スタッフとして全国を回ることに!
「是非見に来てほしい!」と言ってもらえたときは、
いよいよ彼の照明を見ることが出来るのだ!と感無量になりました。

なんといっても女王ユーミンのツアーです。
ハンパじゃない規模です。お客さんもすごい数。

e0039787_2314436.jpg


年齢層は・・・20代はほとんど居ない。

横浜アリーナに入って、思ったこと。

こんなすごいセットの中でTくんはお仕事をするのね・・・。

いざスタートして、私はユーミンはもちろんですが、
ひたすらTくんの姿を探していました。

「ステージの上の方にいるよ。美紀さん、見つけられるかなぁ」って
無邪気に笑っていたので、
「よーし、絶対見つけるぞー!」って気合い入れていたのです(笑)。

でも、その気持ちは2曲目くらいで「もう、いいや!」ってすぐに変わりました。
誤解しないでください。
面倒くさくなったとかあきらめたとかそういうことではありません。

姿が見えなくても、その分、照明がすごく私に訴えかけてきたように思ったからです。

お恥ずかしながら・・・というか、Tくんには申し訳ない話ですが、
これまでいくつも見てきたライブで、
実は照明のことを気にかけたことはありませんでした。
やっぱり主役であるボーカルだけを見てきた。
下手すると、ギターやベース、ドラムも見ずに、一番目立つパートのみを見てきた。

そんな私が、今回、照明の動きを集中して見たのです。

衝撃でした。

強烈なピンスポットの明かり、淡い色の明かり、
リズムに合わせてめまぐるしく変わる明かり。

こんなにも照明というのはステージの表情を変えるのか。

同じユーミンが別の人のように見えたり、
サーカスの動きが明かりの色によって強弱ついて見えたり、
広いアリーナが狭く感じたり逆に広く感じたり。

こんなにも照明というのは観客の気持ちを盛り上げるのか。

そして、Tくんが今この瞬間、明かりを生み出しているのだ。
もちろん彼だけではなく、地上、水中、空中で、
あらゆるスタッフがそれぞれプロの仕事をして、大きなステージが進んでいっているのだ。

すごい。

正直、ユーミンの曲に関してはあまり詳しくなかった分、
その他のところをじっくり堪能できた2時間半でした。

Tくんの照明を間近に見たことで、また前向きになれました。
私の知らない職業の世界を、思う存分堪能できました。
どうもありがとう!
Commented by まこちん at 2007-07-08 16:17 x
Tくん元気そうですね。
私は美紀さんの結婚式で会って以来です。

照明といえば、中学3年のときに創作ダンスの発表会で照明の仕事をしたことがあります。
随分前のことですが、最後はもうすこし余韻を持たせてから落とした方がよかったなぁと後悔したことを思い出しました。

私もコンサートに行くことが多いのでたまには照明にも気をつけて見てみようと思いました^^
Commented by mikikasai819 at 2007-07-08 22:33
まこちんさん、こんにちは。
コンサートのジャンルによって、照明も全く違いますよね。
それより、創作ダンスの発表会って・・・懐かしすぎます(笑)。
余韻の長さだなんて、そんなことを中学時代にしっかり後悔して、
その気持ちを覚えているなんて、プロ顔負けですねぇ。
でも、それだけ責任のあるお仕事ってことなんですよね。
何かを作り出す、生み出すって本当に奥が深いです。
Commented by Mr.T at 2007-07-09 03:34 x
お邪魔します。
今回、ショーに来てくれてありがとね。
開場時にバタバタしちゃって余り話しもできなかったけど、
以前から言っていた事の一つが実現できたし、
楽しんでもらえた様でなによりです。
一つのミスが人命に関わる仕事なんで適度な緊張と冷静な対処
を心がけ業務に従事してる中、疲れる事も多々あるけど、
美紀さんを含め多くの観客の拍手や歓声に癒されまくりです。
また何かのショーに観に来てもらえたら嬉しいな♪

おっと、遅くなりました。まこちんさん御無沙汰しております。
もし時間があれば、まこちんさんも観に来てくださいね。
お待ちしております。^^v



Commented by mikikasai819 at 2007-07-10 09:42
Mr.Tさん、改めてこちらこそありがとう。
確かにひとつのミスが大きなことに発展してしまうというのは
やっている人にしかわからない緊張感。
それと隣り合わせの中で、
あのすばらしいショーを作り上げるというのは
さすがプロだなーって思います。
いつの日か、特上のスポットライトを当ててもらえるように、
私もがんばります。
by mikikasai819 | 2007-07-07 23:14 | にっき(日々の出来事) | Comments(4)
元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。

by mikikasai819