ブログトップ | ログイン

このき なんのき かさいみき

Jelly→ライブ本編。

※私とJelly→の出会いについては前回書き込み参照。

さて、改めて、当日の様子を書き記します。

今回はTOKYO 5 DAYSと題して行われるライブで、
昔のアルバムを1枚ずつフィーチャーするというレアな企画もの。
今日はその中でもファーストアルバム「RODEO GANG」。
私は正直最近のアルバムを知らなかったから、この1枚なら思いもひとしおです。

ライブ会場である新宿LOFTは歌舞伎町・コマ劇場の奥。
ここまではあまり入ってきたことないなーと思いながら歩いていくと、
います、います。ファンと思われる皆様が!

黒系のTシャツ、パンクっぽい尖ったアクセサリー。

私は、かろうじて黒いTシャツは着ていましたが、明らかに雰囲気は普通の人(笑)。
入場列の一番後ろに並びました。

一息ついてふと気づきました。
私の前の人は、

白いYシャツ、ふちナシ眼鏡、明らかに仕事帰りのビジネスかばん。

しかも、これがなかなかの、かっこいいお兄さん。
パンクロックと対極にいるタイプに見えますが、確かにチケットを握っている。
しかもひとり!

やけに親近感!

そのお兄さんも私を見て「ひとりで来てるんだ」と思ったはず。
(え?自意識過剰?違いますって。なんとなく同じ雰囲気を感じとるってありません?)

さて、チケットの番号順に地下2階のライブハウスへ。
既に私より早く入っていた人が前の方でスタンバイ。
(彼らは相当激しく動くと思われる)
前だけじゃなく、後ろの一段高くなっているところに入る女性もたくさんいる。
(彼女たちは暴れずじっくりライブを見たいのだと思われる)

私は、その中間に場所を定めました。
早めに入ったこともあり、だいぶ待ちました。
ライブの始まりも20分くらい押したので。
すると、後ろにいるファンの声が色々耳に飛び込んできます。

「まだ始まらないのかな」「今日どうする?」「だいぶ体がなまってきたからな」
「このアルバムでたの8年前だもんね。高校時代とは訳が違うよ」


・・・そっか、高校生だったひとももう大人になったよね。
(私は社会人1年目だった)
っていうか、どうするってどういうこと?はじけるってこと?

そのとき、横にひとり男性が立ちました。

!?

あれ、この人、絶対さっきのYシャツのお兄さんだ!(><)
Tシャツに着替えてる・・・。スタンバイ万全だね(笑)。
でも、やっぱりなんか他の人とは違うおとなしい雰囲気を醸し出していました。
同じくらいのノリかな。

すると、BGM音量だったのがいきなり爆音に。
ライブの始まり・・・で・・・・・す・・

ギャーーーーーーー●△☆♪※?■!!

次の瞬間、私は後ろからの大群にドスッと思いっきり体当たりされて
前のめりになりました!!!
おとなしそうにしていた後ろの皆様、一気にスイッチオンで前に押し寄せてきたのです。
そう思うと、私が立っていた中間の場所は、ちっとも中間ではなく、最前線だったわけです。
次の瞬間、私の顔の横には人の足!!!
ダイブをする若者!・・・って多分後ろで「体がなまった」といっていたファンだ。
ちっともなまってないじゃないかー!!!!!(絶叫)
こりゃ大変だ。

・・・
・・・
・・・

とりあえず少し避難。
あれ、あのさわやかお兄さんも前に押し出されてたけど、どこ行っちゃったかな。

というわけで、ライブの1曲目はファーストアルバムの1曲目「RODEO RADIO」。
盛り上がらないわけがない。
私も避難場所でようやく息が吸えるようになって、感覚を取り戻しました。
こぶしをあげて飛び跳ねる。
充分私もノリノリのはずですが、一寸先は無法地帯(爆)。
みんな、歌を聴くというよりは、体当たり&回転。ホントすごかった。
待ちに待ってたという気持ちが一気に爆発しちゃったんだなぁと思いました。

すると、3曲目のときだったか、前からすごい勢いで後ろに走ってくる何人もの集団。
見てみれば、女の子が抱えられてる!!!!(悲鳴)
ダイブで落下したのか、気分が悪くなったのか、
その人がはいている網タイツだけがやけに目に入りました。
うわー、怖い、なんだこりゃ。みんな、マナーを守って暴れてくれー。

そんな感じで、あまりに後ろに行き過ぎると誰も体を動かしてない。
あまりに前に行き過ぎると戦場と化している。
うーん、私が気持ちよく飛び跳ねられる雰囲気の場所がほとんどない。
どちらも極端なんだよなぁ・・・。

そう思っていたら、目の前に見たことのあるノリをしている女性。
初めて会った気がしない。あれ、この人は・・・!

おそらくですけど、
4年前に大宮のライブハウスで私の前にいた人のように思いました。
そんな記憶があるのかって?(苦笑)

いや、実は、かなり個人的なんですけど、その女性が、
学生時代にアルバイトで一緒だった桜井という女の子にうりふたつだったので、
よく覚えていたのです。

桜井さん(本当は違うけど・・)は前回後ろの方に入るにもかかわらずすごくノリノリで、
でも決して誰かを巻き込んではいなくて、私もその人を基準に動いていたのでした。
うわー、この人、今回も来てた!!!
しかも、前回は1人だったのに、今回は隣に男性がいる。
しかもしかも、全然パンクっぽくない、体格のいいおとなしそうな人。
彼ができたのかな、結婚したのかな、桜井さん・・(だから桜井さんじゃないって)

そんなこともありながらライブは進みます。
途中正直知らない曲もありましたが、やはり昔の曲は盛り上がるわけで、
急にまた後ろから前の方に行く人たちもいました。
その際、私はTシャツの後ろになんどもビール?をかけられました。おいおい・・・。
マナーは守ってくれー!!!ライブ中、飲み物は所定の位置で飲んでくれよー。
ペットボトルがステージに投げ込まれていたりもしたようで・・・。

約2時間半のライブ。
感想としては・・・正直に書くと・・・

☆年をとっても衰えるどころかむしろパワーアップしているメンバー、
そのエネルギーを目の当たりにしただけでも刺激的だった。
☆今の曲もいいのかもしれないけど、やっぱり昔の曲の方が自分にはしっくりきた。
前橋で初めて聞いたときの感動はしっかりよみがえってきた。
☆上記のような状況だったので、中途半端に汗のかき方でちょっと不完全燃焼。

こんな感じかな。しかしまあ、すごい空間でした。

☆☆☆

昔はよかったなんていう奴もいる
時間を戻したいなんていう奴もいる
蝶はいくら羽がボロボロに破れても
いも虫の頃に戻りたいはずはない

ラララ・・・認めるのは
ごめんね 明日の自分がもっと強くあるため

くやしいけれど涙こらえて前に進むため歌おう
くやしいけれど涙こらえてイナズマを待ち続ける・・・

ゼリ→「イナズマ」より


私がきっとこれからも逆境のときに勇気付けられる一節でした。
















・・・でも、雷はキライ。(いきなり現実)
これから関東地方、天気が荒れるらしいですよね。
あー、イヤだ。イナズマ、こっちに来ないでね(笑)。
Commented by 西武新宿線の上州っぺ at 2007-06-09 23:15 x
若いですね~、エイチャンくらいのロックは好きなんですが・・・
雷、群馬にいたのに好きになれませんでしたか?
雷鳴で体が振動する感じとか、マイナスイオンが充満するような感じが好きなんですよ~
Commented by マリリン at 2007-06-09 23:17 x
久しぶりに覗いてみたら、あら大変!
大丈夫でしたか?お怪我は無かったのでしょうか?
Commented by mikikasai819 at 2007-06-11 10:46
西武新宿線の上州っぺさん、ありがとうございます。
雷・・・群馬にいるときも常に恐怖との戦いでした。
「雷と空っ風義理人情」のフレーズは好きなんですけどね(笑)。
でも、マイナスイオンかぁ・・・そういう観点で考えてみると
安全な場所であれば雷も風流ですね・・・。
Commented by mikikasai819 at 2007-06-11 10:48
マリリンさん、お久しぶりです!ありがとうございます。
怪我はありませんでした。基本的に最初の「ギャー」以降、
必死で防御してましたので(苦笑)。
いずれにしても、集中してライブを観たいものです。
でも、音楽には色々なジャンルがあって楽しいなぁって実感。
このコメントはクラシックを聞きながら書いてます♪
Commented by stear21y at 2007-06-29 02:04
初めまして。
JELLY→の書き込みを見つけまして見させて頂きました。
河西さんとJELLY→の出会いは衝撃な出会いだったんですね(^ω^;)
あの頃の「イナズマ」を変わらず今も歌い続ける彼らは本当に
光を増していくように感じます。
確かに最近は昔から好きで、今20代後半の人も、若い人もいるので、
色んな楽しみ方の人がいるライブになってますね。
私もこの日LOFTにいましたよ♪もしかしたらお近くにいたかもしれませんね(笑)


では、またお邪魔したいなと思います♪
Commented by mikikasai819 at 2007-06-30 01:53
stear21yさん、はじめまして!
書き込みありがとうございます!うれしいですよ!
イナズマも大好きですけどね、今回は、
おもちゃのピストルの歌詞に改めて感銘を受けちゃいました。
いやー、ヤフミくんの言葉は奥が深い!
そうそう、NITRO GANGの中の
「死んでも世界は何もかわらない 
だから生き抜いて何かを変えてやろう」という詩には、
聞くたびにそのとおりだ!っていつも爽快感を感じていました。

LOFTにいらっしゃったとのことで、きっと近くにいましたね(笑)。
いや、私は後ろの方だったから・・・どうだろう。
また是非遊びに来てくださいね。
by mikikasai819 | 2007-06-09 14:30 | にっき(日々の出来事) | Comments(6)