sがあるのとないのとでは大違い

水曜日は仕事の前にイタリア語会話学校。
気付けばまもなく丸2年。
あくまでマイペースでやっているので、死に物狂いで勉強している人にしたら
生ぬるいなぁって思われるかもしれませんが、
ここ1ヶ月くらいは「再帰動詞」を学んでいます。

再帰動詞=動作の行為が主語に帰ってくる、つまり、
       動詞の目的語が主語自体であるという特殊性を持つ。


頭が痛くなりそうですね。私も痛い。
というわけで、説明はこの辺にして・・・

今日の授業で、あるひとつの再帰動詞に振り回されたのです。
それは、riposarsiというもの。
 
意味は「休憩する・リラックスする」というもの。
これを使って、

mi sono riposta a casa. 家でゆっくりしました

なんて使うわけです。

しかし、私はこれを

mi sono rispostaと笑顔で言ってしまいました。

mi sono riposta
mi sono risposta


何が違うでしょう。


・・・そう、sがあるかないか。

先生にはすぐにっこり訂正されました。
sがつくと・・・違う意味になると。

その意味とは・・・

・・・

・・・

・・・「再婚する」。

・・・確かに、全く違いますわな・・・(汗)。

s、恐るべし。
しかしまあ、sが入ると言いやすいからなのか、
その後も何度もrispostaと口走って、その都度訂正していました(苦笑)。
単語をたくさん覚えようっと。
by mikikasai819 | 2007-05-23 16:49 | にっき(日々の出来事) | Comments(4)
Commented by この木、何の木?何だろね。 at 2007-05-24 01:37 x
「s」って、「殺気」の「s」?
・・・・・
なーんて、思ったりして(笑)!
ジョークよ~♪
Commented by mikikasai819 at 2007-05-25 01:04
この木、何の木?何だろね。さん!
s・・・「そ」んなことありませんよ(笑)。
え、こういう返しはダメですか?!
Commented by ぶーた at 2007-05-25 09:33 x
big(大きい)という単語を、英語を習いたてのときpig(豚)って書いてしまいまして、しばらくあだ名が「ぶーた」になりました。bとp、似てないかぁ。
Commented by mikikasai819 at 2007-05-28 00:37
ぶーたさん、書き込みありがとうございます。
bigとpigですかぁ・・・(笑)。
アルファベット1文字違うだけで本当に意味が変わってきますよね。
そういえば、Thank youの発音、thをちゃんと出さないと、
sank youに勘違いされて、「あなたを沈めた」の意味(Sink=沈める)になっちゃうからねって言われたことがあります。
恐ろしいですねぇ・・・(汗)。

元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。


by mikikasai819

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
にっき(日々の出来事)
でんき(昔の出来事)
はたらき(お仕事)
やるき(決意・反省など)
すき(純粋にすきなもの)
りょこうき(旅の記録)
けっこんしき(結婚あれこれ)
まちあるき(FM世田谷)
今日の1曲(FM世田谷)

最新のコメント

かずにょぃさんは入鋏経験..
by mikikasai819 at 17:16
いいですね~、てくてく楽..
by かずにょぃ at 21:45
ラテさん、楽しく過ごして..
by mikikasai819 at 11:12
アメリカ行くならスニーカ..
by ラテ at 18:10
はい!かしこまりました!..
by mikikasai819 at 15:20
そうですねー、今思い出し..
by mikikasai819 at 15:20

LINK

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月