新しい家族へバトンタッチ

新居に引っ越ししてから1ヶ月ちょっと。
以前住んでいた部屋は今の家のすぐ近くで毎日目にするのですが、
この週末でどうやら新しい人が入居したようです。
空室だったのが、カーテンがつけられ、洗濯物が干されていたから間違いありません。

当然、ずっと空いたままではないですし、
むしろずっと空いていたら気になってしまいますけど、
ああ、あの部屋でまた新たな家族の新たな生活が始まっているのだ・・・って思ったら、
ちょっとだけ寂しかったです(苦笑)。

同時に、私の実家も新たな家族に貸すことになりました。
全部リフォームしてキレイにしたということで、最後に部屋に入りました。
私が小学校5年生のときに新築した家・・・ということはもう約20年前。
群馬に行くまでの12年間と、
群馬から帰ってきて結婚するまでの2年をこの家で過ごしたわけで、
別の人が住むのだと思うと、やっぱり寂しくなりました。

最も寂しかったのは、ピアノを処分したこと。
それこそ私が5歳のときからずっとそばにあったもの。
暇さえあれば弾いていました。
大手メーカーのものではなかったので、買取金額もつかず、
逆にこちらが引き取ってもらうためにお金を払ったとのこと。
でも、私はこのピアノのおかげで、音楽の楽しさを知りました。
ちょっと鍵盤が重いんですけど、
そのおかげで指の動きがスムーズになったようにも思います。
最後は、思いっきり懐かしい曲・・・小さい頃習った曲、発表会で弾いた曲、
合唱コンクールの伴奏などを気が済むまで弾いてきました。
調律がされてないのがまた泣けてきそうでした。
(このピアノの思い出については後日書こうと思います。)

もう入れない空間。もう会えない場所。
でも、そこにまた新たな1ページが刻まれるのですね。
切ないけど、思い出は永遠。
今の部屋を・・・というか今の生活を大切に日々過ごしていこうと思います。
by mikikasai819 | 2007-05-10 16:42 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。


by mikikasai819