目からうろこ!健康診断結果の見方!!

以前、市区町村が主催している健康診断を受けてきたと書きました。
6月15日ブログ参照)

その結果が先日届いたのですが、1箇所「おや?」と思うところがあり、
健康診断相談会(これまた市区町村主催)に、仕事の前に足を運んでみました。

時間ごとに区切られていて、医師・栄養士・理学療法士のブースがあります。
私は、せっかくなのですべてのブースで話を聞くことにしました(苦笑)。
(相談なので、気になっていることはなんでもいいのだそうです)

まず、理学療法士。
どうしても運動不足になってしまうという話を中心に話をしたところ
「頑張りすぎてしまうのはよくないんですよ」と。
「たとえばウォーキングをすると決めても、面倒くさい日もあるし雨の日もある。
そのときは、簡単なストレッチをするなど別のことをして、自分自身を責め立てない」
確かに、私はいつも毎日出来なければダメなんだ!と思いがち・・・。
改めて言われると、立派な反省点です。

続いて、栄養士。
ポイントはとにかく野菜をたくさんとることだそうです。
ただ、私はもともと野菜摂取は心がけているので、
逆に、カロリーを気にするあまり、肉をあまり食べないようになってしまっていると話すと、
「若い女性がそれではいけない。体づくりにはやはりたくさんの栄養。
肉も毎日毎日唐揚げばかりというのではダメだけどね。
女性だったら60~70グラムの肉が適量」とのことでした。
(男性は100グラムぐらいらしい)

そして、医師。
この先生が本当に素晴らしく、実に分かりやすかったのです。
検診結果の見方を1から教えてくれました。
考えてみれば、学生時代の模試の結果なども、
ついつい偏差値だけ見て一喜一憂してしまっていましたが、
どこをどう改善すればいいのか、
ひとつひとつの項目を見ていかないと意味がないんですよね。
それと同じで、検診受けただけでは無意味ですし、
結果をざっと見て「あー、これ数値高い」「あー、これ大丈夫」だけでは
何の進展もないわけです・・・。
それをひしひしと感じる説明でした。
(たとえば、脂肪といってもひとことでは語れず、
悪玉コレステロールになりやすいものと善玉コレステロールを増やすものがある、
そう思って数値を見ると、実に面白いのです。
また、遺伝的要素もあるようで、一概にはいえないこともあるそうです。)

ちなみに、私、すべてのブースを回ってみて、
最後に「いたって健康体です」といわれたので安心しました。
自分が思っているより大丈夫・・・みたい。

そうそう、この相談会で、理学療法士・栄養士・医師の皆様に
何度も言われたことは「まだ若いので・・・」でした。

若い???

周りを見回すと、相談会に参加している方は50代以上の方ばかりでした。
あらら?そりゃ、確かにこの中では若いですね・・・(笑)。
でも、年齢関係なく、今から体のことを考えていくことは重要ともいわれました。

体が資本。健康が一番。

今回の相談会は本当に参考になりました。
もっとこういうのが全体に広まればいいのになぁ・・・。
by mikikasai819 | 2006-08-10 23:59 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)
元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。

by mikikasai819