ブログトップ | ログイン

このき なんのき かさいみき

七転八倒 その2

※今回は久しぶりの3部構成なので、
ここから見ていらっしゃる方は、どうか七転八倒その1からお読みください。

☆☆☆

・・・医者は良くも悪くものほほんとした感じの方でした。
あらかじめ症状を受付で書いておいたので、あまりここでは説明せずに済みました。

「昨日の晩からですか・・・熱が相当高いですね・・」

そういうと、看護師が差し出した紙を私にも見せてくれました。

「さっきの血液検査ではね、白血球の数を調べたんですよ」

このとき、私の頭には白血球と赤血球と血小板という3つの単語が浮かびました。
理科の授業で習ったなぁって(苦笑)。

「白血球の数は4000から8000が通常なんですけど、今、15000あります」

へぇぇぇ。下手すると3倍以上!?とにかくすごいらしい。

「普通の風邪ではなく、ウィルスが体内に入ったと思われます。
今、白血球が必死で戦っているんですよ。」


へぇぇぇ。ありがたいことだ・・・。
しかし、興味津々で聞いている間にも、座っているのがつらいのは事実。
喉の激痛も耐えられなくなってきていました。

「では、急いで点滴打ちましょう」

きた!

知人・友人から「点滴とか注射って打ってもらうと効果てきめんだよね」と
いわれていたので、ドキドキはしますが、ちょっとホッとしました。
先ほどのベッドに戻され、血液検査したところと同じ場所に針を刺します。
この看護師さんは本当に優しい人でした。

準備の間、とんぷく薬を出されました。
熱が下がるのですから、喜んで飲みたいのですが、とにかくこの水を飲むのがつらい。
一口ごとに顔をしかめながら飲み込みます。
全部飲みたくないのですが、
こういう薬はたくさんの水で飲まなくてはいけないということで頑張って飲み干しました。

再び点滴。20分くらいといわれましたが、最初の10分は地獄でした。
点滴自体がつらいのではなくて、多分、熱のピークだったのかもしれません。
うーんうーんとうなっていました。
しかし、しばらくすると薬が効いてきたのか少しうとうと。
次に目が覚めたときには吊り下げられていた点滴の液体は空っぽになっていました。
感動。あの中の液体はすべて私の体内に入ったのね。

「はい、おつかれさまでした。お大事にね」

そういわれて立ち上がってみると、びっくり!!

明らかに気分が良くなっているのです。

首筋には汗。熱が引いたのが分かります。
もちろん、完全ではありませんが、39.5℃のつらさではありません。
嬉しい・・・。でも、すごすぎてちょっとだけ怖い・・・(苦笑)。

そのまま薬をもらって、帰宅。
昼ごはんは扁桃腺の腫れにより食べられず。飲むヨーグルトを必死で飲みました。
(これを必死で飲むっていう経験も初めて)
そして薬を飲んで、ひたすら寝る・・・。

zzz

zzz

zzz・・・

目覚めたのは14時。さて、ここで問題発生。というか、思い出した。
今日の仕事のことです。いつも通りの海外ニュース&野球ナレーション。
扁桃腺は腫れていても幸い声帯は大丈夫なようで、声は出ます。
(これは本当に重要。しゃべる仕事ですからね)
それでも、ナイトゲームを見て原稿を書いて収録して・・・となったら
やっぱり家に着くのは23時過ぎ。終電とかタクシーということだって・・・。
うーん、それを考えると体がやはりついていかない・・・。
どうしよう・・・。

結局、他のナレーター陣の皆様にご迷惑をおかけして、海外ニュース(SNTV)のみ
私が担当し、それが終わったらバトンタッチする方法をとりました。

というわけで、とりあえず、ゆりかもめ出勤です。
点滴&薬&睡眠は確実に効いています。普通に駅まで歩けます。
といっても、周りから見ているとフラフラしていたのかもしれませんけどね(苦笑)。

いざ、会社に到着して、原稿を渡されて、ブースに入ると・・・
不思議なもので、それまでのつらさは吹き飛ぶのでした。
マイクの前に座ると、プロ根性?が自然と出てくるのでしょうか・・・
いつもより背中に変な汗をかいたり、滑舌は少々甘かったようにも思いましたが、
無事に通常と同じ時間で収録することができました。
よかった・・・本当によかった。

そして、急いで帰宅。薬を飲んで、寝ます・・・。

野球の結果?ええ、我が「速報!スポーツTV」でチェックしましたとも。
巨人?ええ、負けました。でも、病床からだと冷静に?受け止められたかな!?

主人が帰ってきて「具合はどう?」と聞かれたので、答えたのは今日一日の出来事。
つまり、ここまで書いてきたことをかいつまんで喋ったわけです(笑)。

「まあ、それだけ喋れるならだいぶ調子はよさそうだね」と苦笑いされました。

確かに・・・。昨日の今頃はうなされてたわけですから。
改めて、点滴ってすごいと感じたのでした。でも、もちろんまだまだ治っておりません。

その一環として、病気のときにありがちな、睡眠時間の時差が発生。
扁桃腺が本調子じゃないから、
食べられた物といえば相変わらずヨーグルトとぞうすいとアイスクリーム。
そんなわけでお腹もすいてしまったせいか、結局、夜中、全く眠れないままでした。

夜ってやっぱり長い・・・(涙)。

その3へ続きます。・・・もう少しお付き合いを。
by mikikasai819 | 2006-07-20 23:34 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)