いくよ?

2日続けて携帯からの更新です。

先ほど、市区町村主催の健康診断に行ってきました。
フリーランスの私にとっては1年に1度非常に助かる検査です。
会場が家から徒歩1分の小学校なので非常にラクでした。

今ではすっかり計ることがなくなった体重・・ではなく身長のほう(^^;)。
私は自称163センチ。
今日計ったら・・

164.7!

伸びてた・・(苦笑)。

その後様々な検査をしましたが、人間ウォッチングがまたまた楽しかったです。

●隣で順番待ちしていた、ある中年男性同士の会話。
『いやー、今日も絶好調だなぁ』
『うわー、190?本当に?計り直したら?』
『いいよいいよ。いつもこんな感じなんだ』
『心臓に負担かかるから気をつけなよ』
(・・190とは身長ではなく・・血圧の上らしい。
絶好調って・・マズいよねぇ・・汗。)

●訪れていたある若夫婦。
『絶対先にひとりで進まないでよ。出たところで絶対待っててよ。』
妻が夫にくぎを差していた尿検査のトイレ前。
(全て一緒じゃなきゃ気が済まないみたい。
男子トイレと女子トイレに分かれるのも寂しかったのかな・・苦笑)

●採血検査会場のある看護士さん。
少し肉付きのよい方の腕を必死にさわっている。
どうやら針を刺す場所を探しているらしい。
(でもなかなかここだという血管が見つからないらしく、悪戦苦闘。
腕を触られてる人は怪訝そうな表情。
大変な仕事ですよね・・。私にはできません・・。)

●引き続き採血検査会場の別の看護士さん。
『はい、終わりました。5分間は強く脱脂綿を押さえて止血してください。
とにかく最低でも5分はやってもらいたいから、
荷物を先にもう片方の腕にかけちゃった方がラク。手伝いますよ。』
・・私の担当の人は、そういって親切に足もとのカバンを持ち上げてくれた。
『いや、あっ、私のカバン、相当・・』
言い切る前に案の定、
『お、重い~』

・・すみません。
お詫びに、言われた通りに5分間、時間計って押さえましたから・・(苦笑)。

・・とまあ、きりがないので、印象に残った4つのエピソードをご紹介しました。

あっ、最後に!タイトルの説明!

会場が小学校の体育館だったので、校舎内には生徒がまだ普通にいました。

すると、校庭中に響きわたる男の子の声。

『いくよ!』

続いて、ものすごい早口で、

『掃除の時間になりました。学校をきれいにするため、みんなで協力しましょう』

笑。

放送委員の子がしゃべり出す前に確認した『いくよ』がマイクに乗っちゃったのですね。
なんともほのぼのした瞬間でした。
Commented by マイキー at 2006-06-16 02:42 x
健康診断お疲れ様でした。あれこれ面倒な検査があるけど、健康第一ですものね。そして、小学校に入る機会も大人になるとなかなかないでしょうから、貴重な日になったのではないでしょうか。
ところで放送室、懐かしいです。私も「いくよ」くん?に似た経験があります。マイクのスイッチが入っているのに友達と騒いでしまって先生に怒られました。その様子も校内に放送されてしまって、踏んだり蹴ったり!
そんな私も、中学卒業時までアナウンサー志望でした・・・。青春です。
Commented by mikikasai819 at 2006-06-18 01:53
マイキーさん、こんにちは。アナウンサー志望だったということですね。
お昼の放送や先生の呼び出しなどをしていたのでしょうか。
私も放送室の雰囲気が小学校時代から大好きでした。
ちなみに、マイクのスイッチって
チャイムが鳴るときなどに強制的にONになることがあって、
悪気はないのに声が校舎内に響いてしまったという記憶はあります。
それにしても、先生もスイッチ切ってから怒ってくれればいいのにねぇ。
by mikikasai819 | 2006-06-15 15:42 | にっき(日々の出来事) | Comments(2)

元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。


by mikikasai819