7年前のかすかな記憶で発見!

先日、個人的な記念日がありました。
誕生日!とか結婚記念日!とか、それほどの大きさはなく、
かといって、忙しさにかまけて忘れてしまうほどの小ささでもなく、
・・・ちょっとした自分のスタートDAYです。

何かはしたい!と考えていて、おいしい食事に行こう!と決心。
でも、どこにしようかな・・・。
考えが定まらないまま、あれこれ考えていて、前日になってしまい、
今さら素敵なレストランは予約も取れないだろう・・・と思っていたとき、
ふっと、あるレストランが思い出されたのです。

私が入社1年目、東京に帰ってきた際に調べて出かけた1軒のフレンチレストラン。
バスで行かないと無理でちょっとアクセス悪かったけど、
23歳当時でもちゃんと値段を気にせず食べられて、でも雰囲気が良くておいしかった店。
よしよし、いい店を思い出したものだ。ここに決定!

ただ、映像が浮かぶのに、肝心の店の名前や場所がまったく思い出せない。
7年前のことですからね。それ以来1度も足を運んでいない。
そんな店にたどり着けるのか!?

何とか覚えている情報
①15人程度しか入れない小さなフレンチレストラン
②新橋からバスで行く
③首都高速のたもと。
④橋をわたってすぐ。
⑤商店街の中

これだけです・・・(汗)。

でも、今の時代、パソコンがあるんだから、ネットで調べれば出てくるはず!

確か住所は・・・港区・・・東麻布あたり・・・だったかな・・・違ったかな・・・

一生懸命キーワードを叩き込みます。
それらしいフレンチレストランは出るのですが、
5つの情報と合致しないのです。

次に、新橋からバスは間違いないので、
路線図を見て、おそらく中の橋というバス停付近ではないかと思い、
その付近のレストラン情報を調べました・・・。

・・・なんか違う。

橋があったんだから・・・一の橋だったかな。

やはり東麻布じゃなくて、違う住所だったかな。

麻布十番の駅辺りだったかな。でも、99年当時はまだ電車が開通してなかったかな。


はっきり言って「ない」に等しい記憶を呼び戻すのは至難の業でした。

すると、そんな私の奮闘ぶりが救われるときがきました。
翌日の昼前。
主人から携帯にメールが来たのです。

「探していた店は、これじゃないの?」

え?あの情報だけで分かったの?

急いで添付された情報を見てみると、

バス停は一の橋よりもっと先の「四の橋」となっていて、
確かに地図で見ると私のイメージしている場所に似ている。

これは確かめてみるしかない!
もし違ったら個人的記念日が台無しになるかもしれないというリスクより、
探しに行くという冒険気分のほうが確実に私の気持ちを盛り上げていました。
(昔からの性格)

用事を済ませて、新橋に行き、今日はゆりかもめに乗らず、
その横のバス停から渋谷行きに乗り込みます。

7年前に乗っているのでしょうが、まったく記憶がないので、
初めて乗るバスのようでワクワク。

中の橋・・・・一の橋・・・二の橋・・・近づきます。

「次は、四の橋」

降車ボタンを久しぶりにすごい速さで押します。
(普段は誰かが押すのを待っているタイプですが)

そして、窓からの風景を見ると・・・

!!!!

間違いない。これだ。このあたりだ。

バスから降りて、見上げてみると、

e0039787_14104826.jpg

首都高速!!

後方には、

e0039787_1411147.jpg

橋が架かっている!

一気に7年前にタイムスリップした気分。

橋を渡って、その先には・・・

e0039787_14111216.jpg

商店街がある!!!

もう、こうなったら間違いない。
でも、いきなりうれしさのあまり走ったら変な人だから(苦笑)、
ゆっくり商店街を通りましょう。立ち止まらずに通り抜けてみましょう。

数十メートルして、ありました!

e0039787_14112594.jpg


早速、主人に報告。
「あったあった!ありがとう。」
「それじゃ、せっかくだからそこで食べよう。電話で予約をしてからそっちに向かうよ」

いやー、感慨深い。わたしは商店街を歩きながら、白金の空気を味わいます。
しかし、数分後、地獄に突き落とされるのです。

「電話したら・・・予約とれないって。もういっぱいだって。」

え?

えーーーーーっ?

ここまでバスに乗ってまで来て、1席も空いてないの?
確かに小さなレストランだけど、何時まで待っても無理なの?(涙)
別に金曜とか土曜とかじゃないのに・・・
日本人はみんな毎日フレンチなの?毎日が記念日なの?(被害妄想)
せっかく見つけられたのに・・・コースじゃなくていいのに・・・

「別のレストラン、今から探してあげようか」

「いや、いい。ちょっとトライする」

私は、意を決して、店に入っていきました。
ダメもとで、直接お願いしてみようと思ったのでした。
(もちろん主人が電話したことは知らないふりをして)

「すみませーん」
『いらっしゃいませ』
「2人なのですが、今日このあと1時間後くらいで予約できますか」

『はい、可能でございます』



あれ?

すんなりとOKされた。

直接店に行ったのがよかったのか?
主人は腑に落ちないようでしたが、何はともあれ、発見した店でフレンチが食べられる!

(結局、そのあと分かったのですが、最初に情報を携帯に送ってくれた店は
同じ「四の橋」近辺の別のレストランだったようです!
店の名前は確認せずに、店自体を見つけてしまったから気づかなかった私。
主人はその別の店に電話をしたらしく、予約不可だったみたい。結果オーライ。
あきらめなくてよかった!何事もやってみるものですね。)

中に入って、もう一度思いました。
「間違いない、ここだった」って。
フレンチだけど肩肘張らずに居心地のいい雰囲気。
他のお客様も楽しいお話に花咲かせている様子。
それでいて、ボリュームもあるので、おなかも満足。
普段使いできるフレンチのお店って貴重。
帰りは都営三田線(南北線)白金高輪駅まで歩いて、地下鉄で帰宅しました。

ラビラントというレストランです。
住所は港区白金でした。
(やはり記憶はあいまいだった)
調べてみると、今は東京駅の丸ビルの中にも入っているようですね。
そうそう、白金のお店は先日7周年を迎えたとのことなので、
なんと、私が行った7年前は、出来たばかりの店だったのです。
私と同じだけの社会人歴?を積んでいるのですね。(こらこら!)

とにかく奇跡が奇跡を呼んで、再会できた思い出の場所。
私の中で、素敵な記念日になりました。


しかし、よく探せたなぁ・・・・
by mikikasai819 | 2006-04-28 14:22 | にっき(日々の出来事) | Comments(2)
Commented by kiyonee at 2006-04-28 23:50 x
さすが!冒険家!? みきかさい!
行動力あるねぇ~(感心)
絶対、諦めて近場で済ます派のあたし・・・。
その個人的な記念日、気になります。
Commented by mikikasai819 at 2006-04-29 15:29
kiyoneeさん、感心してくださってありがとうございます(苦笑)。
諦めた場合、近場でさがすのが逆に大変だったりするので、
乗りかかった船を無理矢理動かした結果がこうなったという感じです。
個人的な記念日、気になりますか・・・。
どうします?宝くじがあたった記念日とか
初めてナンパされた記念日とかだったら(笑)。
まあ、想像にお任せするということでご勘弁を・・・。

元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。


by mikikasai819

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
にっき(日々の出来事)
でんき(昔の出来事)
はたらき(お仕事)
やるき(決意・反省など)
すき(純粋にすきなもの)
りょこうき(旅の記録)
けっこんしき(結婚あれこれ)
まちあるき(FM世田谷)
今日の1曲(FM世田谷)

最新のコメント

かずにょぃさんは入鋏経験..
by mikikasai819 at 17:16
いいですね~、てくてく楽..
by かずにょぃ at 21:45
ラテさん、楽しく過ごして..
by mikikasai819 at 11:12
アメリカ行くならスニーカ..
by ラテ at 18:10
はい!かしこまりました!..
by mikikasai819 at 15:20
そうですねー、今思い出し..
by mikikasai819 at 15:20

LINK

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月