20歳の頃が私にもあった

「ハタチ」という響きが本当に嬉しかった20歳のあの頃。

小・中学校時代の友達が集まってくるので同窓会状態で
「久しぶり!」「元気?」とそんな会話だけで終わってしまい、
式典にはほとんど参加しなかったっけ。

当時、母とのツーショット写真を撮ってもらったのだが、
今思えばその時母は43歳。今の私とほぼ変わらないじゃないか(驚)。

振袖がどうにも似合わなかった記憶がある。
もう着られないけれど、もっと今ならうまく着こなせる自信がある(笑)。

成人式の10日前(!)に付き合いだした同い年の彼氏が
地元でもないのに近くまで車で迎えに来てくれて、
幸せを噛み締めた20歳のあの頃(笑)。

若い。実に若い。でも我ながら素直で一生懸命だった。

20歳の時に40歳を超えた自分を想像できなかった。

今の私は、あの頃の私が見たらどう思うのだろうか。

一つ言えるのは、

「アナウンサーになったんだね、アナウンサーをまだ続けているんだね」と
感慨深く思ってくれるのではないかということだ。

20歳の私は、この仕事に就くことを夢見ていたから。
それが全てというほどに、強く、強く、願っていたから。

いつも若いころを思い出してしみじみしてしまうけれど
たまには若いころの自分が未来の自分を想像してしみじみしてしまう図を想像しても
いいかな?

いいよね。

成人の日を迎えられたみなさんおめでとうございます。


※やっぱり1月15日が成人の日がよかったなぁ。(いつの話だ)

※昨日から台湾に旅行中です。成人の日は日本だけですのでこちらは普通の日です。
明日帰国します。

Commented by 礼佳 at 2018-01-08 20:18 x
妹が無事成人式を迎えました\(^o^)/
振り袖姿を見て大人になったんだな、きれいになったなと改めて感じました。
先生旅行楽しんできてください!
Commented by mikikasai819 at 2018-01-15 20:07
礼佳さん、遅ればせながら、妹さんおめでとうございます。
自らの成人式より身内の成人式の方がなんだか感慨深かったりしますよね。
私もそうだったかもしれません!
by mikikasai819 | 2018-01-08 08:31 | にっき(日々の出来事) | Comments(2)

元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。


by mikikasai819
プロフィールを見る