キティちゃんもアンパンマンもいるから怖くない。

朝。
目覚めて、喉がカラカラ状態。
鼻づまりで呼吸困難。
頭は痛いし体は重い・・・。

気をつけていたのに、やはりこうなってしまったか。
悔しくてつらくて、布団の上でのた打ち回ります。

そして、本当は寝ていたいのですが、
早急に医者に行って喉だけでも診てもらわないと!
昼の予定をキャンセルして(本当に申し訳ない・・・)
耳鼻咽喉科に行きました。

さて、先月末に胃を壊したときも思ったのですが、
知らない土地で名医を探すのは至難の技。
知り合いもあまりいないため、口コミもなし。
しかも今日は日曜日。
当番医を調べて電話してみると、非常に対応が悪い。
ここに無理矢理行くのもイヤだなぁ・・・と
ネットで調べ続けると、日曜も午前中のみならやっているところを発見。
雰囲気もよさそう!

いざ入ってみると、まず聞こえてきたのは子供の泣き声。
待合室は非常に混んでいたのですが、その待合室の色は花柄のピンク
「初診ですか?」とやさしく聞いてくださる看護師さん。
保険証を出そうとしたら、そのカウンターにはくまのプーさんの置物。
壁のテレビからはキティちゃんのアニメが流れていました。
アンパンマンのおもちゃも置いてあります。

「うわー、かわいい!」と普通に感動。
しかし、数秒後・・・、おかしいな、これ。
小児科じゃないよね、ここ・・・。
いや、でも、耳鼻咽喉科って書いてあるし、
普通に接してもらってるし、大丈夫。
あ、男の人も一人でいるし、大丈夫大丈夫。

すると、その男の人のもとに、診察室から出てきた子供が駆け寄ります。
「パパー!」

・・・あれ?
ひとりで来てるの、私だけ?これは偶然なの?

そう思っている間に私の名前が呼ばれます。
診察室に入る一段階手前の部屋で待たされました。
ここにもお母さんと子供。ペアでみんな並んでいます。
どう考えても、小児科状態です。
そして、その部屋から診察室が見えるのです。
こんなに丸見えでいいのかな・・・なんだかプライバシーないみたい。
ドキドキしている間に、どんどん子供たちの診療は終わっていきます。
そして、別フロアにある鼻や喉への吸入?を、
子供たちは自ら進んでセットして勝手に済ませていきます。
いよいよ、私、来る場所間違ったかな・・・

さあ、私の番です。

診察台の背もたれが一気に高くなりました。
(看護師さんが設定しなおした)

「こんにちは♪どうしましたか?」
担当は女医さん。
開口一番、ものすごい優しい声です。
『はい、あのー、風邪の初期症状みたいで喉と鼻がつらいのです』
すると、女医さん、
「あー、確かに、喉の奥のカベが、まーっか(真っ赤)にはれちゃってますねぇ。
これはつらかったでしょうねぇ。」とにっこり。
さらに、「寝るとき乾燥しがちだから、朝起きると大変なのよねぇ。
ちゃんと気をつけていても、喉やられちゃうのよねぇ。うんうん」とまたもにっこり。
さらにさらに、「声を使ったお仕事とかされてますかぁ?」と。
私が『ええ』と答えると「お電話の仕事ですか?」とにっこり。
『いえ、違います。人前で話したり・・・』とかすれた声で言うと、
「わかりました!そうなると一刻も早く治さなくちゃいけませんよね。頑張りましょうね!」

正直、お医者さんにこんなにやさしくされたことありません(!)。

「それじゃ、くすり出しておきます。
あと、のどの吸入もしていくと楽になるから、そうしましょうね」

「(はーい)」←心の中でよい子のお返事(笑)。「おのど」という単語に反応。

看護師さんも「はい、ではのどの機械説明します」と言っていました。
その機械もひらがなで説明されていて、
「あのー、これ、かわいいですね」とボソッと言ったら、
「ありがとうございます。こっちは大人用ですから大丈夫ですよ」と。

大人用・・・・。
やはり大半の患者は子供なのだ・・・・。

帰りに診察券を渡されて、分かりました。
この耳鼻咽喉科は、小児に多く見られる
喘息・アレルギーなどの専門医だったのです。
ネットにはそんなこと書いてなかったし知らなかった・・・・。
お恥ずかしい。でも、普通に診察してもらえてよかった。
そして、日曜に普通に開いていることや、
待合室の雰囲気、先生・看護師さんの徹底したやさしさなど、
大人子供関係なく、ニーズに合わせた医療環境づくりって
重要なことだなぁと感心しました。
(あとから思えば、診察室が丸見えなのも、プライバシー云々より、
子供が中で何をされるのか怖いという気持ちを取り除くための策なのかな・・・。
違うのかしら・・・)

最後に、処方箋を持って隣の薬局に行ったところ、
ここの担当の方も非常に丁寧なお兄さんでした。

「喉、やられてしまったのですね。では、これから薬の説明しますが、
理解してくださったら首で頷くだけで結構ですからね

なんと、親切なのだろう・・・。ちょっと涙が出そうになりました。

さあ、ここからは、改めて自己管理。
絶対に火曜日の仕事に差し支えないように、必死で治します。
私のいつもお世話になっているうがい薬「ハチアズレ」ももらえたことだし。
加湿器も稼動したし。

枕元に、なんとなくですが、
プーさんとドラえもんのぬいぐるみを置いて寝ようと思います。
(小児科効果を期待)
by mikikasai819 | 2006-01-15 15:02 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。


by mikikasai819