ブログトップ | ログイン

このき なんのき かさいみき

家族で助け合うこと

「自分だけのことを考えていればいい年齢は終わり、
周りの変化に翻弄されることになるのが40代だよ。
想定外のこと・・・自分のこと以外で大変なの。
思った通りにいかなくなるの。」

尊敬している50代半ばの女性(今では飲み友達でもある!)が
先日お会いしたときに私につぶやいた言葉。

まだ40歳になるまでは半年ちょっとあるけれど、
周りの変化というのは、そう、環境のこと。

みんな年齢を重ねる。
悲しい別れも避けられなくなってくる。
自分、伴侶、子供、親、兄弟、親戚・・・
何もないのが当たり前ではない。

そういう時にどうするのか。
ひとりで抱え込まず、助け合うことができるか。
相手が大変なときに、手を差しのべることができるか。

慌てふためき、大切なものを見失わないように。

※義弟のお母さまが急逝し、明日の告別式に参列します。
今夜は実家で留守番し、祖母と一緒にいます。
実家滞在は昨日までの予定だったのですが、事情が変わりました。
数日前まではまったく想像していなかったことです。
義弟の悲しみは実際に会わなくても痛いほど伝わりますし、
先月出産したばかりで新生児の面倒を見なくてはならない妹、
心境はいかばかりかと思うとつらいです。
私は、私にできることを、着実に。
by mikikasai819 | 2016-01-18 13:45 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)