ブログトップ | ログイン

このき なんのき かさいみき

ひとつの勇気が最高の関係性となった

いつの日か繋がりを持ちたいと思っていた某企業がありました。
でも、「持ちたい」とただ思っているだけでは、気持ちは届きません。
そこで、昨年、私は勇気を出して取材の申し込みをしました。
動かないで後悔するより、動いて後悔した方がいい!と。

結果、取材のOKをいただき、番組でもご紹介できて、
より一層自分の中での関心がUpしました。

そこで、ひとつの素敵な出会いがありました。

広報担当の女性です。
私と干支が同じ。1回り年下ですけどね(笑)。

本来、その取材の1度きりで終わりのはずが、
すっかり意気投合。

お互い、何か感じるものがあったのでしょう。

プライベートでも食事に行くようになりました。

彼女とは仕事への取り組み方、人間関係への考え方、趣味内容が
すごく似ているのです。
「河西さんが話すこと、私がいつも思っていることと全く一緒です!」って言われました。
最後にはあまりに気持ちが通じ合うことに驚かれ、
「河西さん、生き別れたお姉ちゃんみたいです!」って。
(※彼女はもともと一人っ子です。笑)

こういう出会いってご褒美だなぁとつくづく思います。
時期、きっかけ、会った回数・・・そういうことではなく、
一緒にいて笑って悩んで、気を遣わずにいろいろ話せる、
素敵な出会いに感謝です。

あのとき、勇気を出して取材の申し込みをしたことが
この関係性に繋がっていると思うと、
やっぱり何事も動いてみるものだなぁと思いました。
by mikikasai819 | 2016-01-13 13:39 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)