ここ1週間のあれこれ(プライベート編)

※仕事編はひとつ前の記事にUpしました。
こうして書いてみると、我ながら一日の中に公私混在型の生活だなと思います(笑)。

☆1年半ぶりのホーデン会
学生時代の友人からお誘いをいただいて、
昨年4月に参加したこの会が、1年半ぶりに開催。
またまたお声をかけていただき、参加しました。
(早稲田OBを中心に今では垣根なし)
ホーデン・・・って、ドイツ語で・・・睾丸のこと。
どうしてこういうネーミングの会なのかというと、
焼き鳥屋さんでホーデン串を食べるという趣旨だから。
そもそものきっかけは、元気のない仲間(しかも女子!)を
盛り上げよう!というところからだそうです。
何せ私も2度目の参加。まだまだ新参者です。
・・・で、1年半前は実はお刺身メインの店だったのでホーデンがなく、
今回満を持して食べることになりました。
人生初。なんだか上手く言葉にできない不思議な食感でした。
まあ、これで晴れてホーデン会の仲間入りを果たしたということで
よろしいのでしょうか!?(笑)
それより、この会が久しぶりだったため、
会っていなかった1年半の間にあったトピックスを
自己紹介の中で語るというミッションがあり、
私、喋り手のくせにこういうの苦手なんだなと実感しました(汗)。
よほど他の皆様の方がひきつけるお話をされていました。
多分、ネタ選びにあれこれ考えすぎてしまうのだと思います(苦笑)。反省。

☆祖母の俳句の筆耕をプロに依頼
私の祖母は何十年も前から俳句を詠んでいます。
以前このブログにも書いたと思いますが、
おーいお茶の選者をしていたこともありました。
これまで自分が作ってきた句のなかで気に入っているものを
短冊に残したいという希望はずっとあったようですが、
93歳の祖母、年齢による衰えは隠せず、
何かを書くときには手が震えてしまいます。
そこで、全幅の信頼を置いている書家の方にお願いすることになりました。
私が以前話し方を教えた元生徒さんでもある、酒井聖瑶さんです。
快くお引き受けいただいたので、実際に祖母と会っていただき、
直接どんな字体でどんなサイズの紙に書くか、
私と母の立ち会いのもと、確認してもらいました。
酒井さんは「おばあちゃん、どんな感じがいいですか?」と
やさしくひとつひとつ丁寧に問いかけてくれて、
祖母は家族の前では出さない「よそ行き」の声で(笑)、
ちょっぴり恥ずかしそうに、でも心底嬉しそうでした。
出来上がりが楽しみです。

☆大学時代の友人とのランチat荻窪
荻窪にある「Hashimoto」というフレンチレストラン。
午前中仕事だったので、13時半の予約にしてもらいました。
到着してビックリ、その時間でも満席でした。
事前情報でフォアグラが美味しいということだったので、
プラスの値段はかかりましたが初志貫徹でフォアグラを注文。
すると、1切れかと思いきや、3つもお皿にのってきました。
カロリー・・・が・・・気になる・・・(汗)。
しかし、非常に美味しかったです。

☆劇団「スタンドバイ」の公演を観る
年に1~2度のペースで観ていますが、
今回は「男になりたい!」というタイトルの作品。
未来・・・2050年が舞台のお話なのですが、その中で、
「ラジオが人気を取り戻し、メディアで1位の座に返り咲く」
「スマホが禁止されガラケーの時代が復活する」という設定があり
思わずワクワクしてしまった自分(笑)。
この劇団の脚本の特徴は、台詞が長いということ。
よく覚えられるなぁと毎回感心しながら、いつも軽妙で楽しいのです。
次回が今から待ち遠しいです。
余談ですが、私、高校時代、放送部に所属していましたが、
実は演劇部と迷っておりました。人生分かりません(笑)。

というわけで、一気にブログをUpさせようと思うと
こういうことになります(苦笑)。
いやー、今日は書いたー!
ひとつ前の仕事編も含めるとかなり書いたー!
しかしまあ、日によって長さがバラバラだー!!
それも良し。
Commented by 礼佳 at 2015-12-06 20:55 x
充実してますね!
素敵です\(^o^)/
Commented by mikikasai819 at 2015-12-08 23:56
礼佳さん、ありがとう!
充実というか、これだけまとめて書いてしまっているのでね(苦笑)。
by mikikasai819 | 2015-11-26 01:17 | にっき(日々の出来事) | Comments(2)
元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。

by mikikasai819
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31