上咽頭炎に負けない!

毎週ボイスクリニックに通って喉のメンテナンスをしているからか
今年に入って体調不良がなく、調子良く過ごしていました。
その証拠にボイスクリニックでは先生が
「どうですかー?」と最初に訊いてくるのですが(語尾を伸ばす)
ここ数ヶ月は予防も兼ねて行っているため
「普通です」「変わりないです」の繰り返しでした。
でも処置は痛いです。
Bスポット療法をつづけています。どんなものかはこちら
イラスト入りの記事です。

そんな中、数日前から、唾を飲み込むと痛みが出始めました。
でも、いわゆる風邪の症状は出てきません。

「どうですかー?」

「あのー、喉が急に痛くなりまして、風邪引いたかもしれません」

すると、幾つか質問されました。

「体はだるいですか?咳などは?」

「いいえ、全く。喉もずっと痛いわけではないんです」

「それはね、風邪ではないです。
最近の空気の乾燥で上咽頭炎が悪化してると思われます

・・・

・・・

風邪じゃなくて嬉しいような、悪化していて悔しいような。
いずれにしても、にっくき乾燥!(涙)

「今の処置を根気強く続けていきましょう」
「・・・はい。それじゃ特に喉の治療はナシですか?」
「そうですね。いつもので大丈夫です。但し・・・」
「?!」
今日はかなり痛いと思いますよ。ごめんなさいね」

Bスポット療法は、上咽頭に塩化亜鉛を塗るのですが
炎症がひどい時は激痛で、しばらくそれが続くのです。

でも、効きます。

あとはとにかく喉を潤すことが大事で、
こまめに水を飲む、飴やガムを常備するなど。。
去年買った吸入器も使っていこう。

頑張ります!
by mikikasai819 | 2015-10-15 10:07 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。


by mikikasai819