ブログトップ | ログイン

このき なんのき かさいみき

本の贈り物

友達に「誕生日プレゼント!」と言われてもらったのがこの本。
タイトルが「面倒だから、しよう」
【置かれた場所で咲きなさい】が大ヒットした渡辺和子さんの著書。
e0039787_10361476.jpg

「面倒だけど、しよう」ではない、面倒だから、しよう。
なかなか言えることではありません。

本の中で相田みつをさんの詩が紹介されていました。

トマトがねぇ
トマトのままでいれば
ほんものなんだよ
トマトをメロンに
みせようとするから
にせものに
なるんだよ
みんなそれぞれに
ほんものなのに
骨を折って
にせものに
なりがたる


・・・本当にそうですよね。
私は高級なメロンより、身近なトマトの方が好きです。
(そういう問題ではないか!?苦笑)

あとは、渡辺さんご自身の言葉で心を打たれたフレーズが、

自分の感情を認めること。認めたうえで、大ごとにしない。
(腹を立ててもいい、不安がってもいい。
けれども、感情に振り回され、自分を見失ってはいけない。)


自分で買う本もいいけれど、こうして選んでもらった本と出会う幸せを
味わっています。
by mikikasai819 | 2015-08-21 10:54 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)