ブログトップ | ログイン

このき なんのき かさいみき

心をこめて花束を

昨日、税務署に行ったあとは、
この春、娘さんが小学校を卒業するお友達とランチをした。
ついこの前受験が終わり、本当にホッとした様子。

会う前に、お花屋さんで目に留まったミニブーケ。

「合格&卒業おめでとう」

お子さんに・・・ではなく、友達自身に。

もちろん頑張ったのは、娘さん。
でも、塾の送り迎え、お弁当の準備、
ずーっと子どもを支えてきたその友達を本当にすごいなと思って、
「お疲れ様」という気持ちをどうしても伝えたくて。

昨日も会って開口一番、
「言うこと聞かなくてもうイヤ!朝からイライラしたー!
起こしてっていうから何度も起こすのに全然起きないんだよ!」って。
うっ、それ、完全に昔の私・・・。
私も全く起きずに母を毎日イライラさせていた張本人。
子どもの気持ちもわかるけど、逆の立場になれば母の気持ちもわかる。
やっぱりこれは申し訳なかったなと反省。

「あー、みんな誰も感謝してくれない!」って嘆く彼女。
笑いを交えながらも凄く気持ちがこもっていた。
お母さんは本当に大変だ。

少し落ち着いてコーヒータイムになってから、
「はい、これ」とお花を差し出した。
「えー?私に?」
「うん、誰も感謝してなくても、今日は私がねぎらうよ」
「ありがとう!!」

日々の疲れをほんの少しだけでも癒せたら嬉しいな・・・。
Commented by 礼佳 at 2015-03-18 23:15 x
素敵なお話ですね!
なんか心が温かくなりました(´∀`)
子どもをもつ母親の苦労ってすごいなと日々痛感しながら仕事をしています><
Commented by mikikasai819 at 2015-03-23 00:31
礼佳さん、世のお母様と接しているからこその分かることも
きっとたくさんあることでしょうね。
私も改めて母に感謝しようと思いました!
by mikikasai819 | 2015-03-17 18:29 | にっき(日々の出来事) | Comments(2)