22歳は38歳に、15歳は31歳に。

大学生の時、様々なアルバイトをしましたが、
3~4年生の時は個人指導の塾講師をしていました。
開校したばかりで、先生は3人からのスタート。
そのうち2人は年下で、私が一番上。
塾長という存在の人はいたけれど、
時には保護者の対応なども講師自らやっていました。

この塾で、たくさんの生徒を教えました。
集団ではなく個人なので、ひとりひとりに合わせた授業。
時には勉強に関係ない話なども交えて息抜きもしてもらいました。
ある生徒からはテレビの話、ある生徒からは恋愛相談、
ある生徒からは部活の話。
塾だけど勉強以外も全て真剣&青春でした。

その生徒の中で、ひときわ印象に残っている子、
それが、当時中学2年生だったAちゃん。
とても素直で、いつも慕ってくれて、私の授業を心から楽しんでくれていました。
彼女は当時人気だったイエローモンキーの大ファンで、
「河西先生、この歌知ってる?」「吉井さん(←ボーカル)かっこいい!」と
音楽の話がメインでした。
私がラジオ局に就職するというと「えー、いいないいな!!!」と
誰よりも強く反応していました(笑)。

そんなAちゃんと、社会人になってから1度は会いましたが、
その後連絡先も分からなくなり、自然と途絶えてしまいました。





去年。





インターネットの力はすごいです。

Aちゃんが私を見つけ出してくれました。

「河西先生!お元気ですか?会いたいです!」

塾で教えていたころから数えると、実に16年近くの歳月が経っていました(汗)。

15歳だった彼女は31歳に。私も22歳だったのが38歳になりました。
先生と生徒というのももちろんありますが、
大学生と中学生は当時かなりの差がありました。
今は、一応同じ30代(笑)。すごいことですね。

「お酒飲みたいです!」というAちゃんの希望があり、
3時間飲み放題コース。
まあ、飲むわ飲むわ。強いこと強いこと。
私の1.5倍は軽く飲んでくれました。

合っていない15年近くの近況報告も聞きつつ、
やはり途中からは音楽の話に。
今もイエローモンキーが大好きで、
それ以外にもロックをこよなく愛し、ライブハウスにも頻繁に行くらしい。
私もロックは好きなので、話が合うから面白い。

そのうち、

「先生。歌いに行きましょ!」
「!!??」

なんと、勢いでそのままカラオケへ行くことになりました。
生徒とカラオケ・・・実は経験がありません。
年の差7つ。
大丈夫大丈夫、2人とも同じ30代だって!(また言い聞かせる)
でもなぁ、好きな音楽の年代は違うだろうなぁ・・・
さあ、どうしたものか。

しかし、この不安はすぐに打ち砕かれました。
彼女が歌ったのは、なんと、ZIGGY、ジュンスカといった
まさに私の愛する世代の曲ばかりだったのです!

「年齢、ごまかしてない?」

「無理矢理合わせてない?」

答えはどちらもノー。Aちゃんがそもそも好きな曲なのだそうで。

ZIGGYといえばまあ無難に「GLORIA」あたりかなと思えば、
Aちゃんはいきなり「SING MY SONG」とか歌いだすし。
「How」が好きですって言うし。
ジュンスカも「Let’s Go ヒバリヒルズ」でいきなりノリノリだし。
(すみません、コアな話題で)

いやー、たまげた。本当に。

そうそう。Aちゃんは米米CLUBの「Shake Hip!」も完璧に歌っていた・・・。

いやー、すごいわ。本当に。

とにかく、こうして年月を越えて再会できたこと、
こんなにも音楽で心を呼応させたこと、
そして、あの日あの時あの塾で出会ったことに感謝です。

22歳の私は38歳の私を全く想像できなかったけれど、
あの時の自分は間違いなく自分の夢に対して正直だったので、
退化している場合じゃない!進化だ!と言いきかせ、
また明日から頑張ります。


※38歳の私、16年先は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・閉口(苦笑)。
by mikikasai819 | 2015-02-23 01:39 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)
元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。

by mikikasai819
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31