妹のスカッシュデビュー

気づけば結構な年数、スカッシュという競技に親しんできました。
大会には出場しないという軟弱な精神ではありますが(爆)、
気持ちよくボールを追いかけ、いい汗をかくのは非常に楽しいものです。

今日はお仕事の後、我が妹とスカッシュをしました。
「大田文化の森」のコートです。妹はスカッシュ初体験でした。

初めての人は必ず驚くのが予想より小さな黒いゴムボール。
これが温まるまではなかなか弾まないのです。
「何これ!」と驚いていましたが、すぐに慣れていました。
妹は大学時代のサークルがテニスなので、ラケット競技はOK。
スカッシュ独特の「四方を壁で囲まれているコート」には苦戦していましたが
「インドアなのはいいね」と気に入った様子。
1時間打って、最後の方はラリーがきれいに続くほどでした。やるねぇ。

ところで、私達の後は、大学生と思われる男女6人が控えていました。
スカッシュサークルかなと思ったら、
「あのー、すみません」といきなり話しかけられました。

「スカッシュのルール、全然知らないんですけど、教えてもらえますか」
「!?」

なんか微笑ましかったです。
私が教えるのもなんか不思議な感じがしましたが、
楽しく打ちあえるだけのルールはちゃんと伝授できました。

「ありがとうございました」
「いえいえ(^^)」

コートを去ろうとしたら、背後から、
「何これ、全然ボール弾まない!」という学生たちの声。



「もしよかったら、このボール、1時間打って温まってるから弾みますよ」
「そうなんですか?ありがとうございます!!!」

「大田文化の森」では1時間700円でラケットとボールも貸してもらえます。
彼らが借りたものと交換して、受付に返却しました。

手軽に気軽にスカッシュできるのでおススメです。
(駅から近いとなお嬉しいんだけど、それは贅沢かな・・・)
by mikikasai819 | 2015-02-19 23:28 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。


by mikikasai819