ブログトップ | ログイン

このき なんのき かさいみき

真っ白なランチ

今日は大手町で女性向けビジネススクールの司会。
会場入りが12時45分だったので、その前にランチでも・・・と
ひとりで大手町のとあるお店に入りました。
土曜日でも営業しているのはありがたい限り。
しかし、予想に反して非常に残念なランチとなってしまいました。

そのお店はうどんがメインのお店で、
「釜肉ぶっかけうどんと小丼」のセットが人気のようでした。
小さいどんぶり・・・今日は何だろう。

「いらっしゃいませー」

店員さんは日本の方ではなく、
片言の日本語で席に案内してくれました。

「あのー、今日の丼って何ですか?」と質問すると

「えーっと、牡蠣です」と返ってきました。

牡蠣?牡蠣のどんぶり?
イメージが沸きませんでしたが、私は牡蠣が大好き!

「では、そのセットお願いします」

すると、店員さんは

「うどん、釜揚げだとお時間かかりますがよろしいですか」と聞いてきました。

ん?釜揚げ?
ああ、釜肉うどんっていうのがそうなのかな。
まあ、まだ時間に余裕があるし、いいか。

「はい、大丈夫ですよ」
「かしこまりました」

でも、オーダーが通った後も一抹の不安。
ちゃんと理解されているかなぁ。

再度、店員さんを呼んで確認することにしました。

「あのー、釜揚げっておっしゃっていたのは
私が頼んだ釜肉うどんのことでいいんですよね?」

「あ、え?はい。」

ここまで聞けば・・・ね。

でも、私以外に注文している人は、待たずにどんどん提供されている。
うどんの上にはお肉が乗っている。

うーん・・・。


厨房からその店員さんにフォローが入る。
「大丈夫?間違ってない?」
「はい、だいじょうぶです」
まだ入ったばかりの人で慣れていないようだった。
大丈夫だといいんだけどな・・・。

7分後。

「お待たせしましたー」

出てきたものを見て、思ったこと。

「白い!!!」

そこには、釜揚げのうどん(具はナシ)と、真っ白なご飯。
そして、丼のはずが、別のお皿に小ぶりのカキフライ3つ。

え?

どうやら、そもそもの間違いは、
私が本日の丼を聞いたのに、店員さんが本日の定食メニューを答えたこと。
(定食はカキフライ。ごはんはご丁寧に普通サイズ。
本来の小丼はしらす丼でした。ミニで最適サイズだった・・・)

そして、やはりお肉のうどんを頼んだつもりが
完全に釜揚げ・・・別物でした。

間違ってオーダーされたものが出てきても、
これでもいいかということはあります。
でも、今回はメインのうどんと定食のご飯。
明らかに炭水化物祭り。
さらに、頼みのカキフライも・・・
これだけをおかずに食べるのもツライ・・・。

しかも、本来頼みたかった肉うどん&小丼より、
金額が高くなっていた・・・。

オフィス街のビジネスマンは注文も慣れている中、
私がちゃんと理解していなかったということも大きいでしょうが、
いやー、それにしても白い。白と白。具なし。まじりっけなし。
とくに、釜揚げうどんは茹で湯の濁りもあって白が際立っていて、
美味しかったけれど、残念すぎるランチとなってしまいました。
(白米は残してしまいました・・・ごめんなさい)

店員さんに何か言ったところで気分がよくなるわけではないので
今回はアンラッキーだったと思うことにしました。
とはいえ、こういう時ってしばらく後を引いてしまい(苦笑)、
20分ほど「ああ、どうしてこうなったかな」と悶々。
炭水化物ばかりで栄養が足りないよーと、
ビタミンドリンク買ってみたり(爆)。

まあ、そんな日もあるということで。

お仕事は、とても気持ちよく遂行できました。
主催スタッフからバレンタインチョコをいただきました。
ありがとうございます!!!
by mikikasai819 | 2015-02-14 22:38 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)