ブログトップ | ログイン

このき なんのき かさいみき

7年ぶりの「としお」。

今週は月曜から毎日司会のお仕事をいただいており、
昨日のセミナーは浦和が会場でした。
(水曜日に大宮を訪れたばかりなので、今週は埼玉率が高い!)

生放送を終えて、夜のセミナーまで時間がある。

そう思ったときに、浦和近辺に住んでいる友人の顔が浮かび、
今回、久しぶりに連絡をして再会が叶ったのは、
中学時代の同級生「あさこ(仮)」でした。

「仮って何だよ!」と突っ込まれそうですが(笑)、
彼女の本名は違うのです。でも、ずっとこうやって呼んできました。
(分かる人には分かっちゃうね。
でも、分からない人には多分、どんなに考えても絶対分からない。
理由は数行下に・・・。)

駅の改札で待ち合わせ。
ゆっくり会うのはなんと7年ぶり。

大きく手を振って再会を喜びます。
いやー、変わってないなぁ。

「おーっ!あさこー!ご無沙汰!!」

「久しぶりーっっ!としお!!!

・・・

・・・

・・・

実は中学生の頃、マンガのストーリーをベースに
様々なドラマ仕立ての話を女子数人でふざけて作っていて、
その役名が、彼女はあさこ、そして、私がなぜか
その恋人役の「としお」という設定だったのです。
誓って言いますが、別に向いているとか似合っているとか、
そういうの、まったくないです。
ボーイッシュでも何でもないのに、勝手に私がとしおと決められました(爆)。

そう、私は一度も彼女に「みきちゃん」などと言われたことはないのです。
(おかしいな・・・入学当初はどう呼ばれていたんだ?)

「だってー、としおはとしおだもん!」

意味不明な説得力(笑)。

中学1~2年とクラスが一緒だったあさこは、
誰にでも天真爛漫にあだ名をつけていく人で(笑)
私と2人、いつも一緒に休み時間ふざけていました。
ホントに、今思えばどうしてあんな馬鹿なことを!というくらい、
男女みんなを巻き込んで物まねしたり、歌ったり、演じたり。
中学校当時、メガネをかけて学級委員をやるような真面目で堅い外見の私、
「河西さん、イメージと違う・・・」
「こんな面白い(=変な)人なの?」とクラスメートに言わしめたのは
あさことのコンビだったといっても過言ではないです。

ちなみに、10年前の彼女の結婚披露宴では司会ではなくスピーチを頼まれ、
「としおと出かけると言っても私ですので心配しないように」と言い、
当時一緒に2人でハモった「新婚さんいらっしゃい」のテーマ曲まで
勢いで、アカペラで歌ってしまったっけ。
(いやー、今はもう絶対できない!よくやった、私。笑)

・・・で、今は3児の母となっているあさこ。
今回2歳の息子さんを連れて来てくれました。

「この人がねー、としおだよ」
「ちょっと、そういうの教育上よくないからやめて。笑」

でも、会話に普通に入ってくるこの呼び名。

「としおはさー、最近どうなの?」
「そうだねぇ・・・」

こう呼ぶのはあさこともう1人だけ。
この7年間、直接呼ばれていませんでした。

それなのに、違和感ゼロ。

むしろ、あの頃に戻れる感覚。
お互い、くだらないこと&細かいこともほとんど覚えていて驚きました。

中学時代って不器用だったけど、一生懸命だった。
大人になると身につけてしまう「事なかれ主義」の術なんて持ち合わせておらず、
たくさん笑ってたくさん泣いて、たくさん考えた。

そういう四半世紀前のピュアな自分を思い出した昼下がりでした。

・・・

・・・

・・・

「あっ、そろそろ子供を迎えに行かなきゃ」というあさこ。

「そうか、こっちはこれから仕事だ」というとしお。



ん?シナリオか?



いやいや、違います(笑)。
実際に、上記の台詞に伴い、2時間でおひらきになりました。



掛け合いの担当が決まっているというよりは、
ボケもツッコミもこなすと言った方が正しいコンビは健在。
あさことは、今も昔も、悩みを深刻に語り合うという間柄ではなく
最高のリズム感を共有できる相方です。


楽しい時間をありがとう。
by mikikasai819 | 2015-02-14 10:35 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)