遅延の謝罪に思うこと

東京の鉄道は実に便利です。
JRや私鉄と地下鉄の相互直通運転は最たるもの。
乗り換えなしにそのまま目的地まで行けるのは非常にラクです。

しかしながら、直通させているが故に、
何か人身事故などが発生するとどちらのダイヤも乱れてしまいます。
路線によっては3路線が連なっているものもあるため、
そんな遠い場所の遅れがここにまで?ということもあります。

今朝、とある電車(かりにA線としましょう)に乗ったところ、
車掌さんのアナウンスが入りました。

「ただいまこの電車は6分遅れで運転しております。
ご迷惑をおかけして申し訳ございません。」

ふむふむ、なるほど。

しばらく乗っていると、

「この電車はA線の遅れの影響で、予定より遅れております」

次の路線(B線)に変わったタイミングだったようで、
アナウンスが変わりました。

特に気にも留めず、朝の混雑はよくあることだと思っていたのですが、
実は、その次の駅からも、発車するたびに、

「A線の遅れのため」
「A線からの電車が遅れている影響で」
「A線の到着が遅れまして」

このようなアナウンスがB線で流れたのです。

うん、それは事実でしょう。B線は何も悪くないと思います。
情報としては大事なことなので、
目くじらを立てて耳障りだというつもりはないのですよ。

でも、こんなにも停車するすべての駅で
「A線のせい」を強調しなくてもいいのでは?
そう思ってしまいたくなるほどの頻度でした。

周囲の人にこの話をしたところ、
これはその車掌さんだからたまたまではないようで、
さらに、A線とB線に限ったことでもないようです。
ということは、マニュアルで決まっているのでしょうか。

自分たちに責任はない。遅延の発端はあくまで別会社。
でも、お客様にとったらA線とかB線とか関係なく、
今利用している電車が遅れている事実・・・。

鉄道に限らず、日々の仕事や人間関係に置き換えてみると
深く考えさせられることが多くあったので記しました。
by mikikasai819 | 2015-01-15 15:07 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。


by mikikasai819

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
にっき(日々の出来事)
でんき(昔の出来事)
はたらき(お仕事)
やるき(決意・反省など)
すき(純粋にすきなもの)
りょこうき(旅の記録)
けっこんしき(結婚あれこれ)
まちあるき(FM世田谷)
今日の1曲(FM世田谷)

最新のコメント

すみません、ブログが手つ..
by mikikasai819 at 20:41
かずにょぃさんは入鋏経験..
by mikikasai819 at 17:16
いいですね~、てくてく楽..
by かずにょぃ at 21:45
ラテさん、楽しく過ごして..
by mikikasai819 at 11:12
アメリカ行くならスニーカ..
by ラテ at 18:10
はい!かしこまりました!..
by mikikasai819 at 15:20

LINK

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月