ブログトップ | ログイン

このき なんのき かさいみき

やる気スイッチ再びON

話し方を習いたいという人に話を聞くと、
「声の出し方が分からない」「頭の中が真っ白になる」
「ちゃんと気を付けているのに滑舌がずっと悪いまま」
「そもそも自分の喋りがいいか悪いか不安」など
漠然とした悩みを抱えていらっしゃいます。



能力がないのでは決してなく、
やり方が分からない、あるいは間違っていただけ。
ほんの少しのきっかけで脱却することができる。


実際、アドバイスをしたその日から
「そういうことだったんですね!」と自信を取り戻す人も
たくさんいらっしゃいます。



・・・私自身、似たようなことを体験しました。



実はイタリア語の教室に長く通っていながら、
最近どうも成長がない、成長というより退化している・・・と
自分の中で悶々としていました。

ただ週に1度、参加しているだけ。
何が分からないのか、分からないところが分からない。
克服するためにどうしていいのかも分からない。
先生も仲間もとてもいい人なのに、
自分が上手く喋れないからだんだんモチベーションが下がる・・・。
文法問題もあてずっぽうで言ったのが偶然正解して、
どうして合っていたのか分からぬまま・・・。
月謝を払っているわけだし、このままでいいのだろうか。いいはずがない。

そこで、思い切って違う角度からのアプローチ。
自分自身の目標を定めて、
試しに、違う環境で、違う先生で、違う教材で、
マンツーマンでやってみたのです。

大袈裟ではなく数年ぶりに、
「あっ、なるほど!」という感覚がありました。
なんとなくではなく、ちゃんと理解できた瞬間。
たったそれだけで、また、やる気が出てくるのですから不思議です。

だって、「今日やったこと、ちゃんと復習しよう」と思ったのは、
それこそ何年ぶり?って感じ(笑)。

新しい風が確実に吹きました。

勇気を出して1歩踏み出してみてよかった!
これをいいきっかけにしたいなぁ・・・。
by mikikasai819 | 2014-11-29 15:56 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)