5歳に教わった懐かしい遊び

昨日は友人を我が家に招きましたが、
今日は別の友人宅に私がお邪魔しました。
5歳の娘さんが「こんにちはー!」と元気にお出迎え。
以前遊びに行ったときはまだ2歳だったのに、
子供の成長は早いです。

「ねぇねぇ、見て見て!」

なんとあやとりを披露してくれました。

あやとりとは・・・

1本の紐の両端を結んで輪にし、両手の指に引っ掛けたり外したり しながら、
特定の物の形に見えるようにする伝統的な遊び

いやー、懐かしい!子供の頃よく遊びました。

しかし、何一つ覚えていない(汗)。

「これは橋!」
e0039787_22381072.jpg

「これはほうきだよー」
e0039787_2238285.jpg

すごいすごい!!!感動!!!
おばちゃんも、昔、絶対やったことある!!!

「やってみるぅ?」

よし、チャレンジ!






しかし、やっぱり全く思い出せない。





「それじゃ、教えてあげる」

なんと33歳年下から教えてもらうことになりました(笑)。

「はい、先生、よろしくお願いします!」


・・・

・・・

・・・



「あー、そうじゃないなー!ちがうちがう!」

ダメ出しされまくりです。




「あのね、おにいさんゆびとおねえさんゆびをここにいれて・・・



??
あ、えーっと、つまり、おにいさんってことは、えーっと、中指で、
おねえさんは・・・何?どこだ?


普段慣れない表現に、解釈のための変な時間差ができて混乱。(笑)


「そっちじゃなくて、そこはおかあさんゆびだよ」

おかあさーん!!!助けてー!!!(爆)




(略)



そんなわけで、楽しいあやとりタイムでした(笑)。


え?もちろん、ちゃんとできましたよ。一応。
昔の方が上手くできたけど。言い訳。

「また遊ぼうね」

うん、喜んで♪


さあ、明日からお仕事です。
by mikikasai819 | 2014-09-15 22:40 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)
元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。

by mikikasai819