同級生と後輩とのランチ

昨日は高校の部活動で一緒だった戦友とランチ。
当時私が部長で彼女は副部長。
友達には色々な付き合い方がありますが、
彼女はお互い認め合える&高め合える間柄です。
実は疎遠になっていた時期もありましたが、
6年前に再会を果たしてからは一層その絆は深まりました。
(その時の記事はこちら

今回は山下公園の近くにあるゼットザ・ウエスト&グリル(ZETthewest&grill)で
スペアリブをいただきました。
お手頃なお値段で美味しかった!穴場!!
e0039787_0134223.jpg

ランチを終えてから場所を移して夕方までひとしきり話をしたので
満足かと思いきや、さすが、彼女は違いました。

「取り立てて新しい話題が提供できない自分に
今日はなんか消化不良だった。もうちょっと精進する!」


駅で別れた後にメールを送ってきたのです(笑)。

それは私も同じだよー!!!

高校時代、工夫して様々な番組を制作したり、アナウンスを頑張ったり、
とにかく全力を尽くした思い出を共有できる相手です。
性格はまったく異なります。
だからこそなのか、尊敬するところもあれば相容れないところもあって、
我ながらいいコンビだと思います。

次に会う時を楽しみに。
私も、何か建設的な話題を提供できるように、動くぞー!!!

☆☆☆

そして今日は、偶然にも、上述した放送部の後輩とランチ。
とはいえ、6学年下なので学生時代はかぶっておらず、
私がアナウンサーになってからの繋がりの方が大きいです。

いつも明るくその場を盛り上げるムードメーカーの彼女は
高校時代はそんな素振りを見せていなかったのに
いざ就活の時期になると「アナウンサーになりたいです!」と宣言し
「ホントに?」と驚いている間に見事にそれを叶えた頑張り屋さん。
つまり、今では同業者なのです。

地方のラジオ局でパーソナリティーとなったのは私と同じ道で、
このたび東京に戻ってきました。

私が38歳になったということは、彼女ももう32歳。
人生、いろいろあります。

心の優しい彼女は人間関係で相当な我慢をして、無理をして、
改善を試みて、疲弊して・・・
それでも前を向いて1歩1歩進んでいました。
本当にいつも笑顔を絶やさない彼女が一瞬涙を拭ったときは、
私も泣きそうになりました。

ひとつひとつの話を聞きながら思ったのは、
どんなときも、どんなことも、自分の気持ちが最も大事であるということ。
最後には、全てが自分で感じたことであり、自分で動いたこと。
私は彼女の決断を心から応援したいと思います。

今回「世田谷のカフェに行きたいです!」というリクエストにお応えして、
またもお気に入りのカフェアドゥーに行ってしまいました。
(生徒さんに数年前に教えていただいてからよく訪れます)
甘いものをそんなに欲しない私も、ここのエクレアは大好き!
(写真が暗くなってしまったけれど)美味しかった!!!
e0039787_0301116.jpg


そういえば約10年ぶりに東京に戻ってきた彼女は
電車の中で路線図を見ながら言っていました。

「地下鉄の乗り入れがなんかまだ違和感があるんですよね。
半蔵門線って、私の中では水天宮前止まりのイメージですから。」

そうかそうか、そうだよね(笑)。
その新鮮な気持ちを忘れないでいてほしいな。

☆☆☆

さてと、そんな連日の充実したランチがあって、
それ以外にお仕事やプライベートもあって、
テニスでは錦織圭選手の快挙もあって、
もう気づけば9月も3分の1が終わり。早すぎますね・・・。

1日1日を大切に。
by mikikasai819 | 2014-09-09 23:54 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)
元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。

by mikikasai819
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31