実に残念なランチ

朝の生放送が終わり、お昼をどうしようかと考えたときに、
ふと、時々行くカレー屋さんを思い出しました。
来店するごとにスタンプがたまる仕組みですが、
このたび見事にすべてたまりまして、1食分無料になるというのです。
・・・ということでいつもの野菜カレーに、
今日はチーズやチキンもトッピングさせちゃおうかなー。
お昼だし、ガッツリ食べても大丈夫だよねー。
心の中でワクワクしていました。

このお店、ひとつだけ難点があります。

店内が狭く、相席になることです。

定食屋さんのような雰囲気ではなく、
長テーブル、前の人との距離は一応少しは取れています。
でも、なんとなく仕切り板がない状態で目の前に知らない人がいるのは
どうも気まずいというのは私だけではないはずです。

とはいえ、混んでいるときは仕方ないし、
お互い黙々と食べている分にはそんなに大きな問題ではありませんでした。
(おひとりさまが男女問わずとても多いお店なので)

実際、最初はよかったのです。

しかし、食べ始めたと同時くらいに、
店員さんが私の前に横掛けで3人組を通しました。
男性1人、女性2人。全員同じ色のポロシャツを着ていました。
お仕事の同僚でしょう。

この方々の声の大きさと言葉づかいが・・・、なんというか、品がないというか、
全くスルーできない感じだったのです。
うわー、このお店初めて入ったー!メニューどれにする?
何これ、ビスクカレー?ビスクって何?
あー、ビスケットじゃねぇの?まさかー?キャハハ!などと
それまで静かだったのがワイワイガヤガヤ始まりました。
知ったかぶりの情報、大袈裟な相槌、仕事の愚痴まで・・・
全てが大声。聞きたくないのにすべて耳に入ってきまして・・・。

残念ながらカレーの味どころではなくなりました。

相席の文句を書きたいのではありません。
もちろんレイアウトがもう少し工夫されていれば居心地は変わると思いますが、
先ほども書いたように、現段階では混んでいれば仕方のないことです。
でも、他の方だったら違ったと思います。
どうしてこのタイミングでこの3人が私の前に・・・
まして、たまったスタンプで豪勢に!という時に限って、
ちっとも集中できず味わえませんでした(涙)。

お水を注ぎたそうと思っても、その3人の前にポットがあって、
なぜか占領されてしまっていて「お水・・・」と言いにくかったのもありました。
なんとなく、お店の雰囲気が一気にガラッとその瞬間だけ違ってしまって、
くつろぐ気持ちにはなれなかったのです。
食べ終えて1分もしないうちに、つらくなってその場を離れました。

・・・ということで、うまく言えないのですが、
とにかく非常に残念なランチとなってしまいました。

聞かせているつもりはなくても、周囲の人の耳には
自分の発している言葉が容赦なく届いているときがあります。
気にしすぎてしまうのも良くないですが、少しの配慮は必要なのだと思います。

さあ、カレーを消化して、またここからいい日にしていくぞー。
by mikikasai819 | 2014-09-05 13:21 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)
元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。

by mikikasai819
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31