ブログトップ | ログイン

このき なんのき かさいみき

信じられない訃報

今、ネットで知って、「うそだ・・早すぎる!!」と叫んで、固まってしまいました。
仰木彬監督の訃報にです。 

プロ野球の近鉄、オリックスの監督を務めて3度のリーグ優勝、
1度の日本一に導いた仰木彬氏が15日、死去した。70歳。福岡県出身。
70年から18年間の近鉄コーチを経て88年に近鉄監督に就任。
相手の意表を突く采配(さいはい)は「仰木マジック」と呼ばれ、
前年最下位のチームを最終戦まで優勝争いを演じるチームに引き上げた。
翌年にはリーグ優勝を果たした。94年から8年間はオリックス監督。
「イチロー」の名付け親として知られ、2軍からイチローを1番打者に抜てき、
前人未到の210安打を達成させた。


今年1年、ついこの前までオリックスを指揮していた人です。
その様子は、仕事でとはいえテレビでずっと見てきました。
ロッテやソフトバンクはもちろん、
オリックスがあれだけがんばって西武と3位争いを演じたことで
パリーグは面白くなったと思っていました。
仰木さんが体調面を理由に来季は指揮をとらないという頑なな姿勢を
もったいないとずっと思っていました。
あまりに体調が弱っていくようであれば、
誰かに支えてもらいながらも、監督の立場に残ってほしいとさえ思っていました。
ペナントレース終了後、こんなにも早く、亡くなってしまうとは・・・。

新生オリックス・バファローズを見事にまとめていった仰木さん。
もちろん、近鉄時代のユニフォーム姿も鮮明に残っています。

今はただ、こみ上げてくる思いを抑えることで必死です。

ご冥福をお祈りいたします・・・。
Commented by ラテ at 2005-12-16 02:40 x
びっくりしました。
さらにショックです。
あの勝っても負けてもニヤリとしていた仰木監督が…。
おそらく、あの方は、野球とチームが大好きだったのでしょうね。
だから、負けても“いい野球”をファンに見せられたからニヤリとし、
勝った時には、自分たちのチームが一つになった、とニヤリ。
残念です。

下の書き込みについても書かせて下さい。
河西さんは、いい仕事仲間に恵まれているようですね。
おそらく、河西さんは、仕事に生きるタイプではなく、
仕事に生かされるタイプなのだと思います。
今やれることをしっかりやれるタイプ。
当たり前のことですが、それが出来る人ってすごいと思います。
だから、意識していい仕事仲間をみつけなくとも、
いい仕事仲間が集まるんでしょう。
私もあやかりたい。
少々長くなりました。
あと半月、お体にお気をつけて。
ではでは。
Commented by mikikasai819 at 2005-12-19 12:30
ラテさん、書き込みありがとうございます。
あの「ニヤリ」はきっとこれからも忘れないことでしょう。
来年のオリックスが弔い合戦としてしっかり活躍してくれることを
野球ファンとしては願ってやみません。
それと、後半の「仕事に生かされる」という言葉。
なるほどな・・・と思いました。いずれにしても、仕事とは
いい付き合いをしていきたいと心から思います。
by mikikasai819 | 2005-12-16 00:06 | にっき(日々の出来事) | Comments(2)