ブログトップ | ログイン

このき なんのき かさいみき

区役所でのアナウンス講習

朝の生放送3時間のあと、別スタジオでインタビュー収録3週分を録り、
午前中は終了。

午後は世田谷区役所でアナウンス研修の講師をしました。
庁舎全体に流れる案内放送をする担当の職員向けです。
2時間のプログラムをすべて任されたので、
前半は発声・滑舌といった基礎練習、
後半は実際の原稿を読む実戦練習で進めていきました。
資料はもちろんオリジナルです。

「口の開け方なんて初めて習った」
「大きな声を普段出さないから新鮮」

最初はこわばっていた表情も柔らかくなり、
練習前と練習後では伝わり方も大きく変わりました。
何より、「みなさん、おはようございます」の最初のフレーズが
最初は無機質だったのに、最後は自然と心が入りました。
そうすれば、人は聴いてくれるものです。
伝えようという気持ちがないものはどんなに上手く読んでいるつもりでも伝わりません。

そうそう、原稿の中に「区民から寄贈された・・・」という文言があったので、
「これ、耳だけで聴くと分かりにくいですよね?」という投げかけをして、
「贈られた」という平易な言葉に替える練習もしました。
やはりこれも「伝えよう」という気持ちがあれば、
そのためにはどうしたらいいかと考えるようになるのです。
全ては「相手に分かりやすく」。
とにかく「伝える」という強い気持ちが大事です。
また、このブログでも繰り返し書いていますが、
ほんの少しのコツをつかめば、格段に上達します。これは本当です。

今回講師をご依頼いただいて、やはり私は教えることが好きなのだと再認識しました。
教えることが・・・というよりは、相手が「なるほど」と分かって、実際にできるようになって、
楽しいと思ってくれること、喜んでくれること、そのことにHAPPYを感じるんだなと。

庁舎内の放送、いつか聴いてみたいなぁ。

・・・ちなみに、私の声も世田谷区役所に毎週流れています。
AM9:30、「世田谷通信」という世田谷区からのお知らせを
番組の中で読み上げているのですが
その声・・・つまり生放送の音が庁舎全体に流れているのです。

来週からはそれこそ今日指導した職員さんも
「先週習った河西さんの声だ」と確実に認識するでしょうから
気を引き締めていかねばなりませんね(笑)。
by mikikasai819 | 2014-05-09 21:45 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)