自分の足で確かめる

一昨年、お気に入りだった食堂が駅前再開発の影響で突然閉店。

その後、隣の駅で再開していることが分かって感動。
早速行ってみると、シャッターが閉まっていて貼り紙が。

「店主、病気のためしばらく休みます」

えええ?

せっかくまた食べられると思ったのに。

わざわざ足を運んだけれど、空振りに終わる。

しかも、しばらくというのは、本当にその後復活するのだろうか。
そもそもご主人の体調が心配。
開いているかわからない状態でまた来るということはリスクがあり、
これはもう、これっきりかもしれない。



それから半年弱。ふと、この食堂のことを思い出した。
復活していたり・・・しないだろうか・・・。
インターネットで見てもまるで載っていない。

行ってみよう。
開いていなければあきらめて帰ってこよう。






すると、




シャッターが開いている!!!




「いらっしゃいませー」




おじさん、元気そう!!!




新しいお店は前のお店より綺麗で、女性のおひとりさまも多く、
非常に居心地が良かった。




再開していて本当に良かった!
やはり、本当に気になるなら、自分で確認しに行ってみるものだ。
それを痛感した。





※今日は日中家の掃除で終わった。
開かずの間(倉庫と化した書斎)に手を付けたのが運のつき。
私、どうしてこんなに本を買っているのだろう・・・(汗)。
Commented at 2014-04-10 06:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mikikasai819 at 2014-04-11 06:03
非公開コメントをくださった方、ありがとうございます。
公開コメントへの歩み寄りにご理解いただけたこと、心から感謝です。

そう、ホントにいいお店なのです。
でも、ちょっと薄味になっていたので、再訪して確かめます。
by mikikasai819 | 2014-04-07 23:26 | にっき(日々の出来事) | Comments(2)

元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。


by mikikasai819