陶器婚式

本日、9回目の結婚記念日でございました。
9周年というのは「陶器婚式」というのだそうです。
大切な陶器を大事に扱うように、ヒビが入らないように過ごしていくという意味だそうです。
(中には「陶婚式」と出てくるサイトもあり、
「とうこんって・・・闘魂?」って笑われました。)

この日は毎年どこかで食事をゆっくりすることにしています。
今年は外苑前のウラク青山にしました。
ここは会員制ホテルですが、8階のレストラン「ジョアン」は、誰でも利用できるのです。
ちなみに「ウラク」という名前は、
織田信長の実弟「織田有楽斎(おだ・うらくさい)」にちなんだものなのだそうです。
知りませんでした・・・。

なぜここにしたかと言えば、その昔、
結婚披露宴の会場の候補に挙げていた場所だったから。
結局ここには決めませんでしたが、ふと思い出して懐かしくなったのでした。
考えてみれば、その下見以来でした。

平日ということもあってとてもゆったり過ごしました。
ドリンクが2杯付いてくるお得なプランだったのもよかったです。
最初の一皿(フォアグラ)から堪能。
カルパッチョ、赤キャベツのスープ(これが絶品だった!)、
メインをいただいてからデザート。
お皿にではなくハートのチョコレートへのメッセージ。
桜の季節ならではのスイーツにも大満足でした。
e0039787_136163.jpg

e0039787_136118.jpg

何より、こちらのスタッフの方はつかず離れずのサービスで素晴らしかったです。
お食事の説明も、パンを提供してくださるタイミングも、
ワインを切り替えてくださるのも絶妙でした。
最後にお腹がいっぱいになってしまっていたら、
コーヒーと一緒に出してくださる小菓子を
「お持ち帰り用にもできますよ」とすぐ手配してくださいました。
「お写真撮りましょうか」と提案してくださったときも
座っていたテーブル席だと光の加減が暗いことに気を遣ってくださり
「帰りにもう一度明るいところで撮りますね」・・・と。
レストランを後にしたのは21時頃でしたが、
「あと3時間ほどですが、素敵な結婚記念日をお過ごしください」の言葉で
最後の最後まで見送ってくださいました。
うーん、気持ちいい接客というのは満足度を何倍にもしてくれますね。
それでいて隠れ家的レストランの割にリーズナブル。
ウラク青山、お勧めです。

9周年ということは、主婦10年目突入です。
1年目が一番しっかりしていました・・・ってそれはマズい!!
さすがに少し気合いを入れなおしま・・・す・・・(小声)。

※食事の前に蓄積した疲労をなんとかしたい!と整体に行き
夫婦そろって体のメンテナンスをしたのも今年の特記事項です(笑)。
不規則生活、気を付けながら、健康第一で。
Commented at 2014-03-20 22:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mikikasai819 at 2014-03-20 22:59
非公開コメントをくださった方、ありがとうございます。
やはり闘魂を思い浮かべましたよね(笑)。
勢いよく闘魂注入したら陶器は壊れてしまうので気をつけなくては!
by mikikasai819 | 2014-03-19 23:10 | にっき(日々の出来事) | Comments(2)
元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。

by mikikasai819
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31