最終日の購入

以前商品を買ったことのあるお店から
「8月31日に閉店します」というハガキが今月上旬に届いていました。
その報告と同時に
「今までのご愛顧に感謝して全ての商品を30%OFFにいたします」の文言も。

ちょっと覗いてみようかな。

そう思ってやっと足を運べたのが昨日(8月30日)。

久しぶりに見る商品のラインナップ。

そのうちの一つに視線が奪われました。

店員さんが近づいてきていろいろお話しました。
とても丁寧に接客してくださいました。



どうしよう、買ってしまおうか。




「明日までですので、一晩考えていただいてもいいですよ」

確かに。




そして今日。

午前中にアナウンス研究所の生徒さんへの指導、
夕方に別ルートの生徒さんの個別指導。
2つを終えて、やっぱりあの商品を買おう!今日しかない!と決意。


お店に電話をして取り置きをお願いし、お店へ向かいました。
電話応対も素晴らしいものでした。




「河西様、お待ちしておりました。間に合ってよかったです!」
実は閉店時間ギリギリでした(苦笑)。




笑顔で迎えてくださった中には
昨日一緒に悩んでくださった店員さんもいらっしゃって、
「取り置きっていう電話が入ったと聞いたとき、
これは絶対昨日のお客様だなと確信していました!」って
嬉しそうにニヤッとされていました。

ちなみに、このお店はThomas Saboというドイツのブランドなのですが
店舗がクローズするのではなく、
Thomas Saboそのものが日本を撤退してしまうことになったのです。

つまり、本日21時をもって、お店が国内から全てなくなってしまうのでした。

包装していただいている間にこの先どうするのですかと店員さんに伺ったら、
「私たちも本当に今日ですべて終わりです。寂しいです。
でも、復活した際にはまたよろしくお願いします。
今までありがとうございました!!」と、笑顔で見送ってくださいました。

この2日間でせっかくここまで親しくなったのに、
明日にはもうお店がないなんて、にわかには信じられません。
でも、閉店のお知らせハガキがきたからこそ再訪するきっかけになり、
いいなと思うものが購入できたのだから、
やっぱりご縁とタイミングってあるのだなと思いました。
by mikikasai819 | 2013-08-31 22:58 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)
元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。

by mikikasai819