原点となることわざ

「我が身をつねって人の痛さを知れ」
=自分の身体をつねれば痛いが、その痛みを知ることで他人の苦痛が理解できる。

このことわざを中学1年生の時に自らの作文に書いたことをよく覚えています。
なんというか、自分の原点でもあります。

「人をつねってはいけない」というのではなく、
まずは自分自身をつねって、つねられた痛みのわかる人になる。

うん、そうありたい。

でも、つねり方を間違えてしまうと、あまりに痛すぎて、
すごく悲しいことも、時にはあるかもしれない・・・。

今日は、ふとした瞬間に、そんなことを、思ったのでした。
by mikikasai819 | 2013-05-28 23:24 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。


by mikikasai819