そしてようやく記せます

12月後半。ここまで地獄のような長さでした。
2005年にブログを開設して、こんなにも何も記さなかったのは初めてかもしれません。

・・・体調を崩していました(涙)。

ウィルス性急性胃腸炎になったのが12月11日火曜の明け方。
そこから1週間はほとんど何も食べられず、
それでも、嘔吐下痢が終わってしまえば比較的ラクでした。

ところが、栄養がとれていなかったせいか、翌週(12月17日)から風邪を併発し、
鼻と喉の違和感が日々交互に襲ってきました。
今日は鼻づまり。翌日は咳、
何とか治そうと耳鼻咽喉科で処方してもらった薬を飲み、
これでもかというくらいにうがいをし、とにかく必死で復帰を試みました。

しかし、治るどころかまったく回復の兆しなし。

胃痛もまだ時々襲ってくるしだんだん焦りがつのります。
いつまでこんな状況なんだろう・・・と。

考えてみればまとめて何日か寝られれば良かったのかもしれませんが、
やはり年末の追い込み時期、自分の体を騙しながらお仕事をしていました。
「すみません、鼻声で」と言いながらも、まだこの時はよかったのでしょう。

12月22日土曜日。
アナウンス指導を朝から2コマ終えて、喉がヒリヒリ痛み出しました。
体中の関節が痛くなりました。
ああ、とうとう熱が出てしまったか。

実は、23日日曜日、私にとって久しぶり且つ大事なオーディションがあったのですが、
結果的に絶不調で臨むことになってしまいました。
自分なりには頑張れましたが、明らかな鼻声で、頭もボーっとしていました。
夕方、収録3本分と、スポンサー様との忘年会。
しかし、カラダが熱くてとても最後までいられず、途中退席。
家に帰ったら38.5℃以上。

24日月曜日。再結成したプリンセスプリンセスのラストコンサート。
熱が下がったので観に行きました。(本当にラストだから、この日に行くしかない)
一緒に歌いたいし、叫びたいけど、体調不良でそれができず、
自分の中では完全燃焼とはなりませんでした。
でも、本当にこの場にいて良かったと思える最高の空間で、
青春を思い出して感動、声をあげずにたくさん泣きました。
終演後、すぐに家に帰り、寝込みました。

25日火曜日。午前中、内科で抗生物質などをもらってから、
午後、2週間前に急性胃腸炎でキャンセルさせていただいたゲストの収録。
症状は違うからといって、まさかまだこんなに具合悪い状態だなんて
本当に情けなかったです。
でも、ちょっと鼻声ではありましたが、ちゃんと収録できました。

そして、ここから、想定外の出来事でした。

都立上水高校の生徒たちが毎年企画する、恒例のクリスマス会へ向かう途中の駅で、
咳が止まらなくなったのです。
かつて経験したことのないような、本当に激しい咳で、
このまままた何か吐いてしまうのではないかというほどでした。

涙目で狂ったように咳き込んでいる私に、周りも怪訝そうな視線。

結果、大げさではなく15分はノンストップでずっと咳き込んでいました。

今思えば、外の冷たい空気をいきなり吸ったからかもしれません。




あああ。とにかく、咳が止まってよかった。

・・・でも、次の瞬間、明らかな違和感。

あー。

あーーーーーーーー。

声が、出ない。

今のひどい咳がもたらしていったのは、私の声を奪うことでした。



高校に到着して生徒に「先生!お待ちしていました!」と言われても
「あ、ありがとう」とハスキーな声しか出ません。


明らかに、声枯れ。

数時間前まで出ていたのに・・・です。

こうなることだけは恐れて、気をつけていたのに、
サンタさん、本当にいるのなら、どうか、私の声を返してください・・・。

焦るのと同時に、もう、2週間前からの体調不良による疲弊がすさまじくて、
もう何も考えたくない、ただただ、横になりたいというしんどさ。

クリスマス会も本当に申し訳なかったのですが早退。

ここから本当に寝ました。
26日、27日。でも、2日間では声は完全に元には戻らない。
ダメとなったら打ちひしがれている場合ではなく、何とか対策を取らなくてはなりません。

28日金曜日の生放送、月曜日担当の先輩パーソナリティーである
木之下貴子さんに代わっていただきました。

家で自分が喋っているはずの時間、
布団の中から携帯を握りしめて番組宛にメールしました。

「リスナーのみなさん、今年最後に直接挨拶できなくてごめんなさい」って。

「みきちゃんったら、ゆっくり寝ていればいいのに、
彼女はこんな時でも本当に律儀な性格なんですよー」と言いながら読んでくださった木之下さん、
本当にありがとうございました。

そして、金曜日の夕方、日本女子体育大学のダンス発表会の影アナのお仕事を
アナウンサー仲間に代わっていただきました。
これは、もう、別の意味で本当につらかったです。
「河西さんにぜひ!」と言われて半年以上も前からご依頼をいただいていて、
新しい手帳に最初に書き込んだお仕事だったのです。
でも、無情にも声は出ません。代わってくださったYさん、ありがとう!!!
会は大成功だったようで、本当によかった・・・

そうして、熱は下がり、今日は普通に動けるようになりました。
静かに年賀状作成などをしました。
声はあと一息というところまで来ています。
あまりにこれ以上ブログを放置すると、
これもまた心配の元となってしまうと思い、書くことにしました。

でも、今も怖いですよ。このまま声が変なままだったらどうしよう・・・と。
そして、こんなことを公式ブログに書くこと自体、どう思われるのかというのも怖いのです。

堂々巡りとはこのことか。

ただ、ひとつだけ分かったことがあります。
ああ、私は、この半月、ずっとカラダも心も、こういうストレスにさらしてきたんだなと。
ゆっくり休んで治しましょうと言われても、ゆっくりした気持ちにはなれない。
でも、心から本当にゆっくりできないと、やっぱり治らないのですよね。

クリスマスも気づけば終わってしまい、寝込んでいたら何日かすっ飛ばした気分で、
あっという間に今年もあと2日ですが、この2日はとにかく有意義なものにしたいと思います。
もちろん、無理をせずに、自分を振り返る、大切な時間として。

久々にPCに向かっているのでなんだか文章も支離滅裂ですがお許しください。
それにしても、こんなに長いこと臥せっていたのは初めてに近いなぁ。
健康第一です。
Commented by まこちん at 2012-12-30 03:41 x
やはり体調を崩していたのですね。
声はあと一息とのことなので、しっかり休んでくださいね。

あと、24日は本当にありがとう!
幸せな時間を共に過ごせてうれしかったよ^^
Commented by かずにょぃ at 2012-12-30 09:00 x
河西さん、おはようございます。
その後の体調はいかがですか?
大変でしたね~
ハードスケジュールで働いてたから一年の疲れがまとめて出てしまったんでしょうね。
今年はハープ&トークでようやく河西さんと挨拶もできました。
握手も二回もしてもらいありがとうございました!
河西さん、今年もお世話になりました。
また来年もよろしくお願いします。
では、よいお年を~
Commented by あい at 2012-12-30 09:40 x
何かあったのかなとは思いましたが…
正直、咳はとくにつらいですよね。

最近 とくに寒くて、それも影響したのかもしれませんね。念の為、しばらくは注意なさったほうがよいと思います。

ゆっくり休み、よい新年をお迎えくださいね。

追伸 父親も一週間まえから、何十年ぶりと本人は言っていますが吐いたりの症状があり
そのせいで少し痩せましたがほとんど体調も回復しました。
(その間、卓球したりして治りが遅くなり、母親に叱られてましたね)
Commented by mikikasai819 at 2012-12-31 00:01
まこちんさん、ありがとう!
24日の感動は、あとからじわじわと来たよ。
やっぱりすごいよ、プリプリは。私たちの青春だよ。
こちらこそ、一緒に行ってくれてありがとう。
Commented by mikikasai819 at 2012-12-31 00:03
かずにょいさん、ありがとうございます。
ハープ&トークコンサート、お越しいただき、こちらこそ嬉しかったです。
握手2回がかなり印象強かったようで(笑)。
またこのような企画もどんどんしていこうと思います。
よいお年をお迎えくださいね。
Commented by mikikasai819 at 2012-12-31 00:04
あいさん、ありがとうございます。
お父さまが叱られているお姿を想像するとかわいそうではありますが、
確かにゆっくりしないと治らないんですよね・・・。
今回のことで本当に無理せず体を大事にしようと思いました。
by mikikasai819 | 2012-12-30 01:09 | にっき(日々の出来事) | Comments(6)

元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。


by mikikasai819