降りる人が先と分かっているはずなのに。

最近、本当によく思うことがある。

電車で、降りる人を差し置いて先に乗り込む人がなんと多いことか!と。

降りる人が先と分かっているはずなのに、

老若男女問わず、どんどん車内に入っていく。

いや、ルールを守れず乗り込む人たちも、

最初の1人・2人はちゃんと待つのだ。

降りる人優先!という気持ちはあるのだとおもう。

でも、最後まで待たない人が実に多い。

まあ、ぶつかるわ、狭いわ、殺気立っているわ、ろくなことがない。


・・・昔はここまでひどくなかった。

多分、現代人は疲れていて、一刻も早く座りたいんだと思う。

待っていたら、隣の扉から乗車する人に先に席を取られてしまうと思うのかもしれない。

あまりの疲れにとにかく座りたい!というときは私も多々ある。

でも、降りる人がまだいるのに乗り込むことだけは絶対しない。したくない。


先日は、一番前に並んだのが私で、降りる人を待っていたら、

私の後ろに並んでいた人が「早く乗れ」と言わんばかりに押してきたので、

本当に悲しくなった。

このことをいつか書こうと思っていて、

次にこの光景(=降りる人より乗る人が先)を見たら記そうと思っていた。

そうしたら、あっという間にその日が来たので驚いた(苦笑)。


降りる人より先に乗る・・・これが日常茶飯事になっているのだなぁ。

もちろんルールを守っている人もたくさんいる。

でも、あまりにも最近目につくので、ブログに記すことにした。

心に余裕をもって動きたいなぁ・・・。
by mikikasai819 | 2012-10-17 01:41 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)
元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。

by mikikasai819