ブログトップ | ログイン

このき なんのき かさいみき

静粛にいたします・・・

今、
私のいる部屋のとなりに、
知らない男性がいます・・・。
家の中で二人きりで緊張します。
時々、聞いたこともないような音が聞こえてきます。
それにも動じず、男性はすごく真剣な顔でテレビを見つめています。




文章ってすごい。こうやって書くととてもあやしい・・・。

なんて感心している場合じゃない。

改めてもう一度。




今、
私のいる部屋のとなりに、
知らない男性がいます・・・。
家の中で二人きりで緊張します。
時々、聞いたこともないような音が聞こえてきます。
それにも動じず、男性はすごく真剣な顔で・・・

テレビの内部を見てくれています。


・・・そう、この男性には修理に来てもらっているのです(苦笑)。

大変失礼しました。

でも、緊張しているのには変わりありません。
別に普段は男性と二人きりでも緊張しませんし、
玄関開けてみたらとても人のよさそうな40歳代後半くらいの方で、
何かが起こるわけでもなさそうですし(苦笑)。
ではなぜか。
緊張している理由は、終始無言を貫き通さなくてはならないからです。

もともと友達同士の会話でも、無言が嫌いな私でした。
おそらく、今となっては職業病です。
ラジオの仕事をした経験があるからなのですが、無音状態が怖いのです。
黙ったままでは放送事故になってしまいます。
BGMがかかっていればいいのですが、とにかく、そうでなければ、
無音ではいけない!何かを発信しなければいけない!
これはプロ根性の見せ所(聴かせ所)といえたかもしれません。
おかげで、本来の性格にさらにプラスされて、
何か話を生み出すようになりました。
そうそう、生放送中にインタビューなどするときも
相手が「うんうん」と声を出して相槌うってくれればいいのですが、
しばらく無言で首だけうなづいてくださったりすると、
うわー、何か話してほしいなーと密かに願ったりしました(笑)。
テレビだと映像があるので、ラジオならではの話ですね。

さて、この修理担当者の男性。
作業中にいろいろ話しかけてもまずいだろうし、
別に話しかける内容も思い浮かばないし、
(というか、話しかける必要性もないし・・・)
かといって、音楽かけておくのもちょっとねぇ・・・
今の家はそんなに広くないので、どこかの部屋に隠れるわけにも行かず、
こうして隣の部屋でブラインドタッチのカチャカチャした音を
ひたすらお聞かせしているわけです。
(聞いているわけないでしょうけど・・・)

あっ、さきほど一言だけかわしました。

男性「あのー、修理代が1万2000円くらいかかるんですが」
私「・・・・・(うわー、結構するんだなー。でも、見られないと困るもんなー)」
男性「大丈夫ですか?」
私「(自分が無言だったことに気づき、慌てて)は、はい!お願いします」

そしてこれだけで終わるのはもったいない!今がチャンス!とばかり、

私「あのー、どのあたりが故障してしまったのでしょうかねぇ・・・って
まあ、私が聞いてもわからないとは思うんですけどね。アハハ(カラ笑い)」
男性「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

男性は無言だったわけではありませんよ。
なんといっていたか私には解読不可能だったので割愛しただけです(苦笑)。

私「あのー、その修理ってどのくらい時間かかるものなんですか」
男性「そうですねー、40分くらいですかね」

40分!

うわー、その間ずっとこれから同じ空間にいながら無言かぁぁぁ。
助けてくれぇぇぇ。

というわけで、まったくこの男性に罪はなく、むしろ感謝しているわけで、
私はもうしばらくおとなしくしていようと心に誓ったのでした。

おまけ:無言が嫌いな私の性格が垣間見られるエピソード

●中学時代にグループで給食を食べるとき、
まず私は、みんなが喋っているときに無言で食べて、
そのあと、みんなが食べるのに専念しだした頃、一人でべらべら喋っていた。

○ドライブに出かけて会話が途切れると、何か喋らなきゃ!って
間髪いれずに、いろいろな話題をその都度相手に提供していた。

アナウンサーになる前からこうでした。私って・・・。
Commented by マリリン at 2005-11-19 23:29 x
あら~、それでは、私との会話もずいぶん気を使われたんでしょうねぇ。
私って無口ですから・・・(笑)
Commented by mikikasai819 at 2005-11-20 23:53
マリリンさん、そんなことはありませんよー。
心地よい静けさは大丈夫です。
しかも、いろいろお話させていただいた記憶のほうが強いので・・・。

by mikikasai819 | 2005-11-18 10:31 | にっき(日々の出来事) | Comments(2)