静かで素晴らしい小学生。積極的で素晴らしい大学生。

e0039787_00526.jpg

今日、お昼過ぎに都電荒川線に乗ったら、某駅で、小学生の集団が乗ってきました。
一気に30人くらい乗ったかと思います。
正直、車内がうるさくなるだろうなぁ・・・と思ったら、



見事にみんな静かにしていて、あまりの素晴らしさに感動しました。




私が小学生の頃は、「電車やバスの中では静かにするように」と言われても
嬉しくてついつい声が大きくなったり、最初は静かでも途中からみんなで騒いでしまったり・・・。

だから少しのことでは目くじらを立てないようにしています。誰でも通る道ですからね。
それが遠足や社会科見学など非日常だとなおさらですものね。



でも、今日遭遇した彼らは本当に静かで、
語弊があるかもしれませんが「おりこうさん!」という表現がぴったりでした。



そのせいか、都電にたくさん乗っている年配の方々も
「偉いねー、何年生?」「どこまで行くの?」と話しかけていました。
「小学5年生です!」と答えたその男の子も、ハキハキしていてとっても好感が持てます。

降りるときも実にスムーズだったので、嵐が去った後・・・というようなことは全くありませんでした。
当然、先生が「静かにしなさい!」と甲高く注意するという光景もなく。

いや、もう、本当に素晴らしかったです。

☆☆☆

夜は、就活生向けの面接特訓講座が文京シビック大ホールで開催され、
その司会をして参りました。
1500人近い大学生が集まり、その中の6人が舞台に上がって面接のシミュレーションに参加。
今日は本番ではなくあくまで練習なのですから、
失敗してプロにアドバイスをもらったほうがお得なわけですが、
公開面接というのは、勇気要りますよね。よく頑張って挑戦したなぁと思います。

面接・・・今なら採用者の意図することが分かります。
でも、学生の頃はとにかく精一杯でした。
こんなに頑張っているのに、どうしてエントリーシートが通らないんだろう・・・と
本当に凹んでばかりでした。
まあ、私の場合はアナウンサー受験という、
ちょっと、いやだいぶ特殊な選考だったというのもありますが(汗)、
コツをつかんだ瞬間にどんどん次の面接に進めるようになり、
自分らしく話せて楽しい!とすら思えるようになったという記憶があります。

今日は舞台袖で模擬面接を拝見していましたが、
面接官と学生のどちらの立場にもなって見守りながら、
ああ、ここがダメだからこう直せば相手に伝わるんだな、
私が面接官だったらこういうことが聞きたいな、ここを詳しく質問するな、というのが
第三者の立場から見るとよく分かる講座でした。
面接は演説じゃなくて対話、まさにそうですね!

☆☆☆

さあ、今日で1月が終了。あっという間でした。
2月からはいろいろ自分に課すミッションがあります。頑張ります!!!
by mikikasai819 | 2012-01-31 23:51 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。


by mikikasai819