目に止まった立て看板

昨日のことですが、SNTVの収録でいつものように外苑前駅に降りたったら、
次のような立て看板が目に入りました。

『鰻供養 新東調理士会 』

うなぎって読むよね、この漢字・・。
あまりのインパクトに読み方が心配になったほど(笑)。

幼い頃、魚がまだ動いている状態で調理されている様子や、
かの有名なドナドナの歌詞の意味を知ったときの衝撃を
ふと思い出しました。

一枚の立て看板から、あれこれ連想しすぎだよ、私・・と、あとからちょっと苦笑い。

でも、普段何気なく食べている物に
改めて感謝しないといけないなぁと思った昼下がりでした。

取り急ぎ、記録として残しておきます。
Commented by tomonaoyoshi33 at 2005-11-03 14:29
そうです。"鰻"は「うなぎ」です、間違っても「うなじ」と読まないよに・・・・。「鰻供養」は有名なところ(勿論、鰻の)では「アタリマエ」ですよ。ちなみに、わが町もですけどね。それと、「すっぽん」の養殖も日本一です。それで、「スッポン・ゼリー」が発売されてます。「コラーゲン」豊富なゼリーですよ。私のところで探してみては・・・・・・・。(書き込んでます)
by mikikasai819 | 2005-11-03 14:24 | にっき(日々の出来事) | Comments(1)
元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。

by mikikasai819