ブログトップ | ログイン

このき なんのき かさいみき

分かる!よく分かる!同期だから、一緒に笑える!

今日は大手町でセミナー。しっかり進行させていただきました!!
今週は火曜から土曜まで司会のお仕事が連続します。
ご依頼、ありがとうございます。

さて、書きそびれていた再会を今日は書きます。
先週土曜日、久しぶりに会った「もりやー」こと守屋玲子さん。
FM群馬時代の同期です。

ここのところお互いタイミングが合わなくて、2月以来の再会。
季節は流れて、お互いの今を近況報告。
「そうそう!」「分かる!」って共有しあえることがどれだけあったことか。

事務所に所属しているもりやー、所属していない私。
テレビがメインのもりやー、ラジオがメインの私。
そういう違いはあっても、やっぱり核の部分が通じ合える。

現場で感じること、出くわすこと、仕事への取り組み方・・・
「こんなことがあってさー」「あー、私もあった!」
「こんな風に対処したよ」「うん、私でもそうする!」
新人時代を同じ場所で過ごしたということの尊さを感じる。何より、話が早い!(笑)

フリーになって同じくらいの期間、結婚して同じくらいの期間。
似ている境遇のせいか、気づけば自分を見ているような錯覚にすら陥ることもあるけど、
いやいや、それぞれの個性もちゃんと全開で(笑)。

マイナスのことはプラスに、プラスのことはもっとプラスにできるおしゃべりは、
これまでの蓄積があるからこそ。

特に今回の再会は有意義だったー!!
仕事上の大変なエピソードなのに、その様子がお互い細部まで分かるから、
慌てふためく雰囲気を想像すると笑いが止まらなくなって、
あまりのリアルさ・おかしさに涙が出てきちゃったりもして。

「あるある、そういうことあるー!」「それはつらすぎるー!!!」「でしょー?」

傍から見たら「何をこの人たちは爆笑しているんだ?」と思ったことだろう。
それくらい、おなかを抱えて笑った。

共有するだけじゃなくて、その先の向上心まで進んでフィニッシュ。
「また会おうね」という別れのときには実に気持ちよい時間だった。
「ああ、今日はいい日だった!」と思わず独り言でつぶやいてしまうほど。

同期のありがたみは、入社からある程度時間が経ってこそ、強く感じられるのかもしれない。
少なくとも私はそう。
あのときを知っていて今を語り合える、大切な存在に感謝・・・。
by mikikasai819 | 2011-11-09 23:55 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)