ブログトップ | ログイン

このき なんのき かさいみき

3.11から半年、9.11から10年

先週、防災特番に出演したとき、
「河西さんは震災後、地震の備えって何かしていますか?」という質問に対し、
私は、「備えというのとは違うかもしれないんですが・・・」と前置きした上で
「あの日のことを忘れないように心がけています」と答えました。

そう、3月11日のことを。その後の被災地の生活を。

今日、半年前からの自分の書き込みを読み返してみました。

震災当日、寝ずにニュースを読んだこと
みんなに驚かれた我が家の食器棚の傾き
あとから襲ってきた恐怖感
相次いだ仕事のキャンセル
大規模停電に翻弄された夜
震災から1週間後の生放送

震災直後、何をブログに書いたらいいのか頭が真っ白になったなぁとか、
ああ、この文章書きながら手が震えていたなぁとか、
この日の放送、自分の精一杯だったなぁとか。

今の私とは異なる、確実にあのときの私が書いています。
良くも悪くも、半年経ったのだなと思います。

そして、7月に友人が住む釜石に行ったことも大きかったです。

自分の目で見た釜石と陸前高田

ニュースで釜石と陸前高田の映像が出ると、もう、他人事とは思えません。
何かできないか、どうか一日も早い復興を・・・と強く強くテレビを見据えてしまいます。

ドキュメントの中で「半年で癒えるものは何もないよ」という地元の方の一言があり、
本当に胸が痛かったです。

☆☆☆

今日は同時多発テロから10年の日でもあります。
この日のことも、私にとっては忘れられません。

2001年9月11日の夜、長崎のハウステンボスに母と旅行に来ていた私は、
「贅沢しよう!」とホテルの自室でエステを頼んでいました。

「どうぞごゆっくりおくつろぎくださいね。
お部屋ですから、テレビご覧いただきながらでもいいですよ」

なるほど!と思って笑顔でテレビの電源を入れたら、あの映像だったのです。

くつろぐどころの話ではありませんでした。

えっ!!!!ニューヨーク?????
奇しくも、主人(といっても当時はまだ「彼」でした)が
ニューヨークに仕事の研修で出かけていたのです。

電話電話!!!

・・・全くつながりません。

これは現実?何かの映画?そう思っているうちにもう1機も・・・。

深夜になってようやく電話がつながり無事がわかりましたが、
空港が閉鎖されてしまっているし、
戦争にでもなったらいつ帰れるか分からない・・・ということでした。

その事実と、ビル崩壊の映像が頭から離れず、結局ほとんど眠れませんでした。

帰国後に聞いた話ですが、主人は時間がずれていれば、
あの場所にいたかもしれなかったそうです。
というのも、前の晩、貿易センタービルに上ろうと思って行ったら、
「今日はもう終わってしまったから明日また来てください」と警備員の人に言われて、
9月11日、リベンジするつもりだったとのこと。

人生、分かりません。

☆☆☆

すみません、思い出すままに書き連ねてしまいました。

自然災害とテロ。
全く違うものではあるけれど、
あの日のことを忘れない。風化させない。一生懸命考える。向き合う。

そして、少しでも何かできることを探していきたいです。
by mikikasai819 | 2011-09-11 21:24 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)