グラデーションの夜、チンザノの夜

昨日、祖父の三回忌でした。色々な意味で大きな転換となる1日でした。

そして、4月が終わりました。

今日から5月。
4月はこれまでになくPCに向かえなかったから、
また毎日余裕を持って更新していきたいです。

さて、5月1日。今日の私は、大崎にいました。
シンガーソングライターの花れんちゃんが手がける朗読劇「グラデーションの夜」。
e0039787_123032.jpg

朗読と音楽がどうコラボレーションするのか、
私自身もトークコンサートをする身として興味がありましたし、
何より、内容が楽しみで楽しみで。

だって、扱う原作が・・・私の好きな作者のお話ばかりなんですもの。

田辺聖子 「いま何時?」
 (新潮文庫刊『三十すぎのぼたん雪』所収)
角田光代 「わか葉の恋」
 (ハルキ文庫刊『オトナの片思い』所収)
三浦しをん 「春太の毎日」
 (新潮文庫刊『きみはポラリス』所収)


大崎駅から歩いて7分ほどのアトリエヘリコプター。
なんと最前列の席。
始まってみると、もう、そこは別世界。
心地よかった。
朗読なんだけど、台詞の部分は演劇。その配分が絶妙で、面白かった。
そして、白い服をまとった花れんちゃんが、大袈裟じゃなく天使みたいに見えました。
ご主人の扇谷研人さんもピアノを弾かれていて、なんと贅沢!!!
本当に行ってよかったなと思える素敵な舞台でした。

夜は、そのまま大崎で、お友達と飲み。
スカッシュで仲良くなり、お酒がお互い強いと判明し、
いつか一緒に飲もうと言いながら気付けばもう2年以上経っていて、
もう、本当に、ようやく実現の運びとなりました。

ビールとフィッシュ&チップスで乾杯!

2次会は流れでスポーツバーへ。
そこでお友達のお友達(オーストラリア人男性)とバッタリ会い、合流。
彼もスカッシュのつながりとのこと。
アーセナルVSマンチェスターユナイテッドの試合をテレビで観戦。
e0039787_133268.jpg

なんだか日本じゃないみたい(笑)。
もともとチンザノドライが好きな私、お友達はチンザノロッソが好きらしく、
なんかこの共通項もとても楽しくて。

そんな5月最初の日の夜でした。
by mikikasai819 | 2011-05-01 23:59 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)
元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。

by mikikasai819