ブログトップ | ログイン

このき なんのき かさいみき

計画停電ではなくて大規模停電?・・・情報の不確定さに思うこと

明日は、私にとって朝の生放送の担当日=金曜日。
つまり、地震から1週間を迎えるということ。

いつも朝5時の始発でスタジオに向かうが、
この運行状況ではどうなるか分からないため、世田谷のビジネスホテルに泊まることにした。

午前中の予定を済ませ、夕方早めにチェックイン。

なるべく部屋の電気をつけないようにして、でも、明日のためにも、
計画停電の予定と原発の放水作業の様子を確認しようとPCを開いたら・・・



海江田経済産業相は17日、厳しい寒さによる電力需要の急増のため、
きょう夕方から夜にかけて予測不能な大規模停電が発生する恐れがあるとして、
一層の節電への協力を産業界と国民に求める緊急のコメントを発表した。


国土交通省は首都圏の鉄道各社に対し、列車本数の削減を要請した



具体的なことは何も書かれていない・・・。



「計画」的な停電が、予定時刻に行われなかったり、逆に突然行われたり。
みんなちゃんと停電を受け入れるつもりでその時間に待機しているのに。

停電開始数日は、この非常時だから混乱しているのも分かるから、
誰も文句を言わない。言えない。被災地のことを思ったら、言うはずがない。

でも、混乱がおさまるばかりか、日に日に混乱度を増している。

これは、どういうことなんだろう。

さすがに、情報の錯綜がこれほどまでに続くと、何を信じていいのか分からない。
確かな情報以外は、逆に混乱を招くというのに!



ホテルの部屋に入るまでに張り出されていた紙によると、

「このあと計画停電が行われるかもしれません
その際はエレベーターが止まるかもしれません。」

これでは、動きようがない。

慣れないホテルでひとり明日の準備をしているが、
そもそも何を準備したらいいのか分からなくなる。

電車の本数がこのあと少なくなるなんて、また駅は混雑・混乱するだろう。

こうしている今も計画停電が行われているところがある。

計画停電の対象地域の市区町村も窓口は問い合わせで大変らしい。
電話はつながらない、HPはアクセスできない・・・

情報発信する責任の重さを仕事柄いつも感じているが、
これほどまでに歯がゆく思ったことはない。
決まったはずのことが二転三転して、みんな右往左往している。

本来、ホテルの部屋に入るとホッとできるはずなのに、
これからどうなるのか、これから何を伝えられるのか、
気づけば、眉間に深くしわを寄せている自分が、デスクの前の鏡に映っていた・・・。

☆☆☆

そういえば、午前中、出かけた場所の近くにイトーヨーカドーがあった。
時間はAM10:10。開店して10分なのに、店員が声を張り上げていた。



「お米は全て整理券配布終了です!もう今日の分のお米はありません!」


落ち着きたい。落ち着けない。落ち着くべきだ。落ち着こう。

動詞の活用形ではないけれど、ひとりひとりの意思はどこにあるのかと思える光景だった。

「みんなが東京からお米なくなっちゃうっていうから~」って自転車で駆けつけていた年配の方。

違う。みんなが言ったらそれが真実なんて、絶対に違うんだから!!!


☆☆☆

暗いことばかり書いてしまったが、最後に、私を今日一番癒してくれたもの、

それは、自宅から出かけるときにエレベーターで一緒になった家族だった。

お父さん、お母さん、そして制服姿の女の子。

どうやら卒園式に出かけるみたい。

そのお母さんが着ていたのが、まぶしいほどの白のスーツ

我が子の晴れの日のために用意したものなのだろう。
胸元のコサージュの華やかさが、不安な日々が続く中、とても印象的だった。



1階に着く直前、

「おめでとう~」とお父さんが娘に言ったとき、女の子が返した言葉。



「うん。エレベーターが動いててよかった!」って。


無邪気に笑うその姿に、涙が出そうになった。


☆☆☆


明日のラジオで、何が伝えられるか、何が話せるか分からないけど、

今の自分の精一杯で、マイクに向かおうと思う。
Commented by コレナガ at 2011-03-18 07:51 x
計画停電、やはりわかりにくいものがありますね。

停電の時間がきても全くやってこないと思えば、
親戚などでは三日連続、きっちり3時間あったらしいですし…。
とくに赤ちゃんがいる家は大変です。
計画停電中に昨日の大規模停電騒動と…。

私の会社では、午後2時ころには社内メールがあって…
いつもより早めに帰宅したのでなんとか無事に家にたどり着くことができましたが
途中の駅では、入場規制もあるほどの大混雑ぶりでした。
Commented by 梅子 at 2011-03-18 08:23 x
あれだけの大地震のあとですから、
計画停電の方法も、その初日のごたごたも、原発についても、東電さんを非難する気持ちはなかったです。
初めての事態の中、検討して、最善を尽くしてくれているのだろうと。
でも、昨夜の大規模停電の可能性騒動には、疑問を感じずにはいられませんでした……。
というのは、私の住んでいる地域は、午前と午後、2回停電の予定があったのですが、
前日、市から「明日、この地域は停電しません」というアナウンスがありました。
その通り、午前は実施されず。
が、午後の回は「やはり停電します」とのアナウンス。
備えていたら直前に「停電は再び回避されました」とのアナウンス。つまり、昨日は終日停電しなかったのです。
そうした二転三転のあとのことで。そんな危機に陥るのであれば、なぜ予定通り停電しなかったのか、と……。
素人にはわからない事情かもしれませんが。
今日も停電回避とアナウンスされてますが、
停電してもいいように構えてしまいます。
Commented by mikikasai819 at 2011-03-18 11:35
コレナガさん、こんにちは。
そうなんです。停電があることがこの場合の論点ではなく、
あるのかないのかはっきりしないところです。
本当に、赤ちゃんがいるお家は大変ですよね。
また、医療機器を使っている方も気が気ではありません。
会社側も、どのような対応をとるか、しばらく落ち着きませんね。
大混雑の中での帰宅、お疲れ様でした。今後も気をつけてくださいね。
Commented by mikikasai819 at 2011-03-18 11:39
梅子さん、こんにちは。
私の実家は、計画停電が計画的に確実に来ているようですが、
私の家は、実はまだ全く停電になっていません。
今日こそはと思うと、「回避になりました」というアナウンス。
梅子さんのお近くと全く一緒です。

大規模停電の可能性という昨日のコメント、
どれだけの人にそれ以上の大きな影響を与えるかというのを、
テレビでリアルタイムに見ていて恐ろしくなりました。
その中継でスイッチONというように駅周辺が慌しくなりましたから。
by mikikasai819 | 2011-03-17 17:29 | にっき(日々の出来事) | Comments(4)