半額というから手にしたけど、別に半額じゃなくてもよかったのです

とあるお店で、この棚全品50%OFFの文字。
絶対欲しい!というわけでもないけど、なかなか質もいいし、
「へぇ、これが半額だったらお買い得だなぁ」という品物がありました。

数分迷って、購入。

レジへ向かいます。

「いらっしゃいませー」

店員さんはバーコードをピッと読み込ませて、お会計を示しました。

ん?

そのままの金額だ。

「あのー、これ、半額になるんですよね?」

主張してみたら、「いや、これはなりません」と言われました。

「いや、でも、あちらの棚に50%OFFって表示されてましたけど」

「え?」

店員さんは他の店員に確認しに行き、
その間に、私の後ろにはすごい人の列が・・・。

うわー、イヤだー。こんなはずではー(><)。

「何なの、この客、何を面倒なこと言ってるの?」
「半額半額って、クレーマー?」
「そもそも何を半額で買うの?」


別に何も言われていませんけど(苦笑)、あれこれ思われている妄想が膨らみ、勝手に冷汗。

そのうち、店員さんは戻ってきて、まだ分からなかったようで、
さらに別のスタッフに大声で確認し始めました。

「○○さん、これって半額タグついてないけど?」
「あー、ついてないんだったら半額じゃないはずよ」


繰り返しますが、別に、特別欲しかったわけではありません・・・
仮に通常の値段でも、大して高いものではないから文句を言うつもりも毛頭なく・・・。
そのままの値段でもいいから、とにかく、この状況から、逃げ出したい!

すると、お店の責任者のような人がやってきました。

もう、ここで私もおどおどしているのが却って恥ずかしくなってきたので、
「あのですねー、あの棚のコーナにあったから半額だと思ったんですけど、
この品だけは違うんでしょうかー?」と
決して高圧的ではなく、でも、ひと昔(いや、ふた昔?)前の
いわゆるオバタリアン気分で、開き直って尋ねてみました。

責任者は確認のためすぐにその棚へ動きました。私も後に続きます。
とりあえず、混雑したレジから離れられて良かった(苦笑)。

棚に行くと、そこは確かに半額コーナー。
でも、私の品以外にもタグがついていないものはいくつかありました。
「タグがついているもののみ半額」ということかな・・・
私が早とちりしたのかもしれません。
でも、紛らわしかったことは事実。

すると責任者は「ここに置いてあるのですから半額であるべきですね」と言ってくださいました。

へぇ・・・。

結果的に半額になったから手放しで喜んだとかそういう単純なことではなく、
お店の対応ひとつって印象って異なるなぁと、やけにしみじみしました。
権限がある人だからできたことなのでしょうけど、とっさの判断って大切ですね・・・。


というわけで、なんだか予想外にドタバタしながら、結果的に購入したのでした。
何をかって?それはナイショ(苦笑)。
Commented by 川崎A.T. at 2010-09-28 01:43 x
ずいぶんと恥ずかしい思いをされてしまいましたですね。でも、かさいさんて冷静というか優しいというか、怒らないのですね。恥をかいた後には福がきますって。
Commented by mikikasai819 at 2010-09-28 11:43
川崎A.T.さん、こんにちは。
結果的にいい具合におさまったのでホッとしました。
このシーンでは怒るというより純粋に
「あれ???」という気持ちだったように思います(笑)。
by mikikasai819 | 2010-09-27 23:49 | にっき(日々の出来事) | Comments(2)
元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。

by mikikasai819
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30