ブログトップ | ログイン

このき なんのき かさいみき

怒鳴られるおばあちゃん

山手線に乗っていたら、原宿から小学校高学年の女の子と、
彼女のおばあちゃん(70代後半?)が乗ってきました。

優先席に座っていた男性がサッと立ち上がって席を譲りました。

『どうもどうも。ありがとうございます。』と言ったおばあちゃんは、次の瞬間、

『ほら、座らせてもらいなさい』孫に言いました

『はぁ?何言ってんの?おばあちゃん座ってよ』と孫は呆れた声を上げました。

おばあちゃんは座ってからも、『荷物持つよ』と4〜5回言っていて、
そのたびに『いいから!』と冷たく怒鳴る孫。

ほのぼのにはほど遠い、なんか怖い関係。

『この袋はねぇ、私が持っていたいのっっ!』
原宿で買った大事なものなんだろうね。

その後も、

おばあちゃん:『どこで降りるかちゃんと窓の外見ててあげるからね』

孫:『うるさい!私がちゃんと見てるってば!』

おばあちゃんにそんな言い方しなくても(>_<)。
でもおばあちゃんも孫に気を遣いすぎかも。

そんな車内の1コマでした。
Commented by はな at 2010-08-02 09:02 x
こんにちは。。
日本の将来が心配になってくるようなお話ですね。
おばあちゃんを怒鳴るなんて私には考えられません。
私も兄も、自然とおばあちゃんを敬うように育てられましたし、、、。
その娘(こ)もなんか、イライラがとまらないって感じですね。
おばあちゃんなら何を言っても許される…そんな関係にあるのでしょうね、きっと。
Commented by mikikasai819 at 2010-08-03 00:09
はなさん、こんにちは。
おばあちゃんもビクビクしている様子で、
一概にどういう関係なのか私には判断できませんでしたが、
周りで聞こえてきた身からすると、あれこれ考えさせられましたよ。
by mikikasai819 | 2010-08-01 14:15 | にっき(日々の出来事) | Comments(2)