ブログトップ | ログイン

このき なんのき かさいみき

Cantante Lirico

e0039787_23222155.jpg

オペラ「イル・トロヴァトーレ」を見てきました。

レオノーラとその恋人マンリーコ、彼女に横恋慕するルーナ伯爵、
マンリーコの母とされるアズチェーナの伯爵への復讐。
ストーリー自体が複雑でワクワク(笑)。

全編イタリア語。もちろん字幕はありますが、
ところどころ単語の意味が分かり嬉しかったです。

今回のお目当ては、マンリーコ役の浅原孝夫さん。
イタリア語学校の元クラスメートです。プロの声楽家です。
タイトルのCantante Liricoとは、イタリア語でオペラ歌手のこと。
初めて自己紹介を聞いたときは度肝を抜いたものでした。
彼の歌声はこれまでにもリサイタルで2度聞いていますが、
オペラは初めてだったので、その迫力にただただ圧倒されました。
衣装を着て、見事に愛を歌いあげる姿に、友人ながら惚れました(笑)。

そして、何よりも、プロの仕事について、深く考えさせられました。
他の人には絶対に真似のできない、舞台上でのオーラ、
観客を引き込む力、心に響く歌声、当日までの仕上げ1つ1つ。

本当にいい時間でした。
by mikikasai819 | 2010-03-25 23:29 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)