教えることで教わること。「生徒からの嬉しい報告」

日曜日の夜に書いていながらUPしそびれた文章。2日遅れで・・・。

☆☆☆

今日は大手町でセミナー司会の昼・夜ダブルヘッダーでした。
大変かって?

いいえ。

確かにいつもよりは長時間になりますし、
内容が異なるので頭も心も切り替えなくてはなりませんが、
何よりも「時間帯がかぶらなくてよかった!」と思うのです。
お受けしたくても、先約があると、泣く泣くお断りしなくてはなりませんものね。
本当に、フリーでお仕事をしていると、ひとつひとつのご依頼がありがたいなと思います。
(ちなみに、昼のセミナーで知り合いに遭遇!「河西さん!」「うわー!!すごい!!」
普段ラジオでお世話になっている方がお客さんとしていらしていて、もう、びっくり!)


さて、そんな中、今日は高等学校総合文化祭放送部門東京都大会の決勝の日でした。
私が教えている都立上水高校と私立共立女子高校の生徒たちは、
この日のためにアナウンスや朗読の練習を重ねてきました。
2年前のこの大会で、上水高校の生徒がアナウンスで2位&朗読で1位に入り、
群馬に引率で行ったのが去年の夏。(その様子はこちら
今年はどうなるかなぁ・・・と思っていたら、

共立の生徒が、アナウンス部門で1位を獲得しました!

「私、優勝しました!!!」の1行のメールから、興奮の度合いが伝わってきました。

共立に関しては、この夏から指導を再開したばかり。
以前は全国大会の常連校でしたが、残念ながらこの2~3年で退廃してしまった放送部。
やる気はあるけれど何からやっていいかわからない、基本から是非立て直してほしい、
週に1度、定期的に教えてもらえないかと顧問の先生から連絡を受けたのです。

私はスケジュールの許す限り、この依頼に応えたいと思いました。
伝統ある母校の状況を改善したい。その一心でした。

新型インフルエンザで思うように活動ができないこともありましたが、
彼女たちはどんどんアドバイスを吸収し、上達していきました。
大会前最後の指導の時、「ここまで2カ月頑張ったのだから、あとは、上手く読もうとせず、
聞いている人の存在を忘れずに、分かりやすく伝えてきてください。」と言いました。

その結果、2年生の部長が1位で、
東京都代表として全国(来年の会場は宮崎!)に進むことになりました。
さらに、1年生2人も入賞したとのこと。

「河西さんのおかげです!本当にありがとうございました!」
生徒・顧問から連絡をもらって、感動がじわじわと体を回りました。
みんなよく頑張ったなぁ。指導している身として、こんなに嬉しいことはありません。


共立。上水。どちらの学校も私にとってはとても大切。
どちらかに肩入れするようなことはもちろんありません。
今後も、2つの学校が相乗効果で切磋琢磨してほしいと思っています。


最近、思います。もともと、アナウンサーじゃなかったら先生になりたいと思っていたほどの私、
人に何かを教えて、その人が成長して、喜ばれた時、とても幸せを感じるのだと。
自分のこれからの人生に、この「幸せ」をうまく配分できたらいいな・・・。
by mikikasai819 | 2009-11-17 11:42 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。


by mikikasai819